20代におすすめの懐かしいドラマ5選!主題歌ランキングも独断でまとめてみた

おすすめ

みなさん、こんにちは~。

kirakiraきっきーmakoでーす!

 

ドラマを見たいけど、これといってみたいやつがない、、。

何をみようかなー?

なんて悩んでいませんか?

恋愛もの、医療ドラマ、コメディドラマなど、色んなドラマがありますが、

20代におすすめしたい、”懐かしいドラマ”を厳選して 5選! ご紹介したいと思います。

 

懐かしいおすすめなドラマ5選!

  1. HERO
  2. 14歳の母
  3. ガリレオ
  4. のだめカンタービレ
  5. 白い巨塔

ドラマといえば、”主題歌”も気になるところですよね。

今回は、懐かしいおすすめなドラマの主題歌も、独断でランキング形式にしてみました!

ジャンルにはこだわらず、どれも私自身面白い!ハマった!と思ったドラマです。

 

今回は、そんなドラマの

  • 大まかなあらすじ・感想
  • 見どころだと思うところ
  • 主題歌について

をまとめてみましたので、よかったら見てみてちょ。

 

mako
mako

どれも有名なドラマで見たことある方もいらっしゃると思いますが、懐かしいものを厳選して記事にしました。

ゆっきー
ゆっきー

良かったら参考にしてみてくださいっちょ

⓵HERO

大まかなあらすじ・感想

mako
mako

第1期、2001年1月~3月にかけて、フジテレビで放送された

ドラマです。

その後、2006年に「特別編」。

2007年に特別編の「完全版」。

2014年7月~9月にかけて、第2期のドラマが放送されました。

今回は、第1期のドラマをご紹介します。

 

木村拓哉さんが演じる型破りで正義感の強い検察官と、松たか子さんが演じる生真面目だけど

どこかとぼけたところのある検察事務官コンビの捜査活動を、同僚検事たちの巻き起こす

コメディを交えて描かれた裁判ドラマです。

 

メインキャスト・登場人物

登場人物 役柄 キャスト名
久利生公平 検事 木村拓哉
雨宮舞子 事務官 松たか子
中村美鈴 検事 大塚奈々
柴山 貢 検事 安部 寛
江上達夫 検事 勝村政信
末次隆之 事務官 小日向文世
遠藤賢司 事務官 八島智人
井戸秀二 警備員 正名僕蔵
バーテン役 田中要次
城嶋和生役 篠井英介
庄野怜治役 小木茂光
咲坂良太役 今野雅人
牛丸 豊 検事・刑事部部長 角野卓造
鍋島利光 東京地検次席検事 児玉 清

 


あらすじ

東京地検城西支部の検事たちは、刑事部部長 牛丸豊の指揮で、海王建設岬代議士

黒い収賄事件の強制捜査に踏み切った。

牛丸の命令に、検事、事務官たちは、報道陣が詰めかける建設会社本社と岬宅での家宅捜索

を始め、岬代議士の身柄を確保した。

は、雨宮舞子中村美鈴に両側をガードされ、車の中に。

一方、海王建設本社では、芝山豊、末次隆之、遠藤賢司証拠品を押収していた。

こうした間も、検事、事務官たちの関心は、この度、青森から赴任してくる新任検事のこと

盛り上がっていた。

 

上昇志向の強い舞子は、自ら担当事務官に立候補する。

そして翌朝、ラフな格好の久利生(くりぅ)が登頂してきた。

みずから担当事務官になるとは言ったものの、舞子は、久利生の格好といわば中卒で、

司法試験を取り、検事になった彼の経歴を聞いて唖然とする。

久利生は下着泥棒を担当。

「犯行時間、家でテレビを見ていた。ビデオも撮った」と主張する被疑者。

久利生は、犯人が逃走途中に自転車を乗り捨てた現場や、被疑者宅を再度検査したり、

被害者の女性達を呼んで事情を聞いたり。

こんな小さな事件に、粘り強く取り組む久利生の姿に、牛丸「警察の領分を侵すなよ。」

と注意をする。

 

舞子「担当を外して欲しい」と頼むが、他に久利生の担当をする事務官はおらず、

他の検事や事務官も久利生公平の行動が理解できない。

しかし次席検事の鍋島利光だけは、久利生に期待を寄せているようだった・・・。

そんな折、久利生は、舞子ヨットハーバーに連れていった。

岬代議士は、家族とクルーザーで写した写真をもとに、アリバイを主張していたが、

その写真を見ていた久利生は、確認の為にヨットハーバーに舞子を連れていったのだった。

そして、そのアリバイを主張する写真が、何かおかしいことに気づく久利生だったが・・。

 

mako
mako

若い!キムタクかっこいい!!

 

検事の話ですね。

 

検事といえば、お堅い職業のイメージで、スーツ着て、怖い顔して

「お前がやったんだろ!」的な感じですが、そんなイメージを180

度回転させたようなひょうきんな検事「久利生公平」(木村拓哉)が

主人公です。

 

私服にジーパンで言葉遣いもめちゃくちゃ。

現場検証って警察の仕事で、検事はデスクワークが主な仕事内容の

はずが、、、

 

久利生検事は自ら現場に出向き、調べたがる。

仲間からは「お出かけ大好き」とまで言われる始末。

 

でも、ステキなのが、自分の気持ちに正直で疑問に思ったことは

納得が行くまで突き詰めて調べるスタイルです!

 

この久利生スタイルのおかげで、色々な事件を真実へ導きます。

ゆっきー
ゆっきー

木村拓哉と松たか子のコンビは最強やわぁ!

あまりドラマ見ない人でもこれはハマると思う。

mako
mako

マスターの口癖もいいで!ついつい言っちゃう。

 

見どころだと思うところ

・なんといってもラフな格好の久利生公平は、見どころだと思います。

・久利生公平の性格から、現場検証や事情聴取など、仕事の大きさに関わらず、

受け持った仕事は、とことんやるところも見どころです。

・行きつけのバーの店員さんの口癖もめっちゃいいですね!

主題歌

主題曲は、

オープニングテーマソング:「HERO~Main title~」

【作曲:服部隆之】

 

「HEROオリジナルサウンドトラック」アルバム内に収録されている

インストゥルメンタル楽曲です。

2001年3月に発売されました。

ゆっきー
ゆっきー

「HERO」といえばこの曲やね。

こんなにワクワクするオープニングテーマ、他にないんちゃう?

かっこいい曲やわぁ!

 

エンディング曲:「Can You Keep A Secret?」

【宇多田ヒカル】です。

宇多田ヒカルの7枚目のシングルで、2001年2月に

発売されました。

mako
mako

この曲の歌詞が素敵で、「近づけないよ 君の理想に」ってその通り

やねん!

この曲は、胸に隠してるつもりでいることを歌っていて、聞けば聞く

ほどこの人の世界にひきこまれていくわぁ。

ゆっきー
ゆっきー

この曲の悲しげな印象と歌詞が、HEROのエンディングにマッチ

してると思うわ。

 

⓶14歳の母

大まかなあらすじ・感想

mako
mako

2006年10月~12月まで、日本テレビで放送されたドラマです。

キャッチコピーは「愛するために生まれてきた」

未成年の妊娠と出産をテーマにした社会派ドラマです。

 

メインキャスト・登場人物

登場人物 役柄 キャスト名
一ノ瀬未希 主役 志田未来
一ノ瀬加奈子 田中美佐子
一ノ瀬忠彦 生瀬勝久
一ノ瀬健太 小清水一揮
桐野智志 未希の彼氏 三浦春馬
桐野静香 智志の母 室井滋
遠藤香子 先生 山口紗也加
三井マコト 叔父 河本準一
三井ひな子 マコトの妻 金子さやか
柳沢真由那 未希の学校のクラスメイト 谷村美月
久保田恵 未希の親友 北乃きい
的場春子 産婦人科医 高畑淳子
波多野卓 雑誌記者 北村一輝

 


あらすじ

名門といわれる私立中学校2年生の一ノ瀬未希は、ファミレスでパートをしている母

加奈子」と、住宅販売会社に勤務する父「勝彦」、小学生の弟「健太」の

4人家族。

忠彦は自分たちの暮らしに満足していて、加奈子は未希が名門私立校に通ってくれていることを

喜んでいる。

ごくごく普通の夫婦であり、家族であった。

近所には、エレキギターショップを営む加奈子の弟夫婦三井マコトひな子がおり、

未希はよく遊びに行っていた。

 

放送部に所属する未希のことは、その自由で活発な言動や行動から、校長の中谷栄三

教頭の光江も知っていた。

担任の遠藤香子はそんな自由奔放な未希を、「私が教える事は勉強だけ」、と冷めた目で

見ていた。

 

加奈子が無理をして、未希を今の学校に入れたのは、自分なりのこだわりもあった

高い学費の足しにするためパートを始めたのも、加奈子の見栄と打算が絡んでいた。

娘の幸せな将来を夢見る加奈子は、未希にもその自覚を促すためにいつも、「自分のしたこと

に責任を持ちなさい」 と言っていた。

 

未希マコトの店で、塾仲間で別の男子校に通う中学3年生の桐野智志とよく会っていた。

桐野智志は、高級マンションに、母親・静香と二人暮らしで、成績も優秀で経済的に何の不自由

もない。

静香は、シングルマザーながら会社を興し成功したことで、たびたびマスコミに登場する有名な

女起業家であった。

 

ある日の夕方、未希智志が一緒にいる時、街の不良たちに絡まれる。

追いかけられた未希と智志は、夜の公園に逃げ込む。

そこで、お互いの話をするうち、未希は智志の中に横たわる孤独を感じとる。

そして、二人は・・・。

 

2か月後、

体育を休み、1年休学をしていた柳沢真由那と共に自習をしていた時、未希は、保健体育の

教科書に 「妊娠」 という文字を見つける。

ドキリとする。

未希が、生理が来ないことを心配し始めたのは、その時からだった。

パソコンで 「妊娠」 の項目を検索する未希は、次第に焦っていた。

そして、誰にも状況を打ち明けられない未希は、どうしていいのか分からず、、、。

 

mako
mako

衝撃的なドラマですね。

14才で子供を産むという決心と、親や友達、周りとの対立や

葛藤、、、。

一方で、父親に当たる側も最初は……だが序々に意識改革されていく。

涙なしでは語れないストーリー。

この物語はまだまだ続く。

ゆっきー
ゆっきー

未希ちゃんの不安、めっちゃ分かるわぁ。

どうしていいか分からへんもんなぁ、

打ち明けたいけど打ち明けれへん、辛かったやろうな。

mako
mako

未希ちゃんのお母さんになる決心は、すごいと思う。

簡単なことじゃないけど、あきらめない強さはめっちゃ感動しました。

 

見どころだと思うところ

・未希ちゃんの「産みたい」という決心から、だんだんとお母さんになっていく様子、

強くなっていく未希ちゃんをぜひ見てほしいです。

・両親の反対、彼が若いばかりに頼りにならない、、そんな状況からでも、お父さん・

お母さんに思いを伝えて、14歳という幼さでも母性があって、周りの友達や先生に

色々言われても強く、色んな決心をして、お腹の子供のお母さんになっていく未希ちゃんは

見ていて泣けます。

・志田未来ちゃんの演技力に注目です!

 

mako
mako

子供のことを一番に考えるのはやっぱり母なんだって思います。

主題歌

主題歌は、

「しるし」 (Mr.children) です。

Mr.Childrenの29枚目のシングルで、2006年11月に発売されました。

 

mako
mako

聞いてるだけでめっちゃ感動したわぁ。歌詞が深いねんな。

別れてしまう二人の詞と思ってたけど、所々、これからも愛していたいなっていう気持ちの表れる歌にも取れて奥深い曲やわぁ。

ゆっきー
ゆっきー

だんだん奥の深い曲になっていくやん。

どんどん胸の中にある言葉で表せないようなものを、歌の中で形にして開放していってる感じやね。

 

⓷ガリレオ

大まかなあらすじ・感想

mako
mako

東野圭吾の連作推理小説「ガリレオシリーズ」が原作で、

2007年10月~12月まで、フジテレビで放送されたドラマです。

その後、2008年10月に「ガリレオΦ(エピソードゼロ)」。

2013年4月~6月まで、第2作目が放送されました。

また、2013年6月に「ガリレオXX(ダブルエックス)」が

放送されています。

今回は、第1作目のドラマをご紹介したいと思います。

 

 

メインキャスト・登場人物(第一話)

登場人物 役柄 キャスト名
湯川学 主人公 福山雅治
内海薫 新人刑事 柴咲コウ
草薙俊平 先輩刑事 北村一輝
弓削志郎 先輩刑事 品川祐
城ノ内桜子 監察医 真矢みき
栗林弘美 湯川の助手 渡辺いっけい
金森 龍男 工場勤務者 唐沢寿明
時田 栄作 機械工場社長 小林すすむ
小川 真奈 少女 北村 燦來
山下 良介 不良少年 鈴之助

 

あらすじ

帝都大学理工学部の准教授湯川学の元に、貝塚北署の新人刑事・内海薫が訪れた。

薫の尊敬する先輩刑事・草薙俊平のアドバイスで、管内で起きたとある事件について彼に

捜査協力を求めることになった。

 

それは、住宅街の通りにたむろしていた若者のひとりが、突然、頭が発火して死亡するという

事件だった。

人体が突然発火するという現象に強い興味を抱いた湯川は、研究が遅れるからと必死で止めよう

とする助手の栗林宏美の忠告にも耳を貸さず、薫とともに事件現場を訪れる。

 

そんな中、湯川たちは、事件現場で空を見上げている幼い少女に出会った。

その少女は、事件があった日、空に浮かぶ赤い糸を見つけたのだという。

何かがひらめいた湯川は、現場近くで機械部品などを作っているという時田製作所に注目する。

社長の時田は、が刑事だと知って、困惑していた。

そこで、勝手に工場内を見て回っていた湯川は、金属部品のひとつを手に取り、従業員の金森

から注意される。

 

時田から事件のことを尋ねられた湯川は、自然発生したプラズマによる事故ではないか、

と答え、もしもう一度同じ場所で起これば査も打ち切りになる、などと言い出す。

が説明を求めると、湯川は、まだ仮設の段階なのだから教えられない、と答え、

「実に面白い」と言って笑みを浮かべた。は、そんな湯川の態度にキレ、彼を怒鳴りつけるが…。

 

mako
mako

福山雅治&柴咲コウのコンビは最強やね!

変人科学者湯川学が、内海薫の一言でスイッチが入って、科学的根拠をもとに事件を解く!

しかも、さっぱりわからないと言いながらも、周りの研究員たちが引き止めるのもよそに、現場検証や事情聴取、実験を何度も繰り返すという変人っぷり。

なにかひらめくと、いてもたってもいられない性格で、物理公式を黒板に書きまくったり。

天才的な頭脳を持つ物理学者さすがです!

ゆっきー
ゆっきー

最後は研究室で実験開始ー!

いやー実に面白い!

mako
mako

変死体をみても、全く動じない美人監察医も素敵やで。

 

見どころだと思うところ

・犯人が誰であるかよりも、どういったトリックを使うことで犯行ができたのか

というところに見ごたえがあると思います。

・湯川学が、アイデアがひらめくと物理公式を黒板に書きまくるところがすごいと

思いました。かっこいいです。

・やっぱり謎解きが実に面白い!湯川学が真面目な顔をして名言セリフを言うところが

ウチ的には好きです。

mako
mako

湯川先生の話は、理論的でテンポもよくってわかりやすいで。

毎回違ったトリックの謎解きが面白かったわ。

 

主題歌

主題曲は、

オープニングテーマ:vs.知覚と快楽の螺旋~【福山雅治】

「ガリレオオリジナルサウンドトラック」に収録されているインストゥルメンタル楽曲です。

2007年11月に発売されました。

ゆっきー
ゆっきー

ガリレオ!って感じがするテーマソングやと思う。

難しいことを分かりやすくしていく、紐解いていく感じが出ている曲やと思います。ちょっと怪しい感じのところが好きやわ。

 

エンディング曲:「KISSして」(柴咲コウ)です。

KOH̟⁺の1枚目のシングルです。2007年11月に発売されました。

 

mako
mako

今をときめく二人の存在感。

元気が出る!楽しくて明るい曲だと思いました。

柴咲コウのキュートさがいっぱい出てるのと、影に、バックバンド

としてギターを弾きまくっている福山雅治がすごくカッコイイ!

 

本当に楽しんで作ってある感じがして、素敵です。

 

前面に柴咲コウを出して、自分はバックバンドで引いているという

ところが、目立たないかっこよさがあって、ドラマの雰囲気とすごく

マッチしていて、しかも、アップテンポで盛り上がれる1曲だと

思います。

 

⓸のだめカンタービレ

大まかなあらすじ・感想

mako
mako

クラシック音楽をテーマとした、二ノ宮知子の女性マンガ雑誌

「Kiss」の人気連載漫画「のだめカンタービレ」が原作。

2006年10月~12月まで、フジテレビで放送されたドラマです。

2008年1月にスペシャルドラマが放送されています。

その他、テレビアニメや実写映画なども放送されていますが、

今回は、ドラマのご紹介をしたいと思います。

 

メインキャスト・登場人物

登場人物 役柄 キャスト名
野田恵 主人公 上野樹里
千秋真一 主人公 玉木宏
峰竜太郎 千秋の親友 瑛太
三木清良 優秀な学生 水川あさみ
奥山真澄 ティンパニ奏者 小出恵介
多賀谷彩子 千秋の元カノ 上原美佐
大河内守 指揮科在籍の千秋のライバル? 遠藤雄弥
佐久桜 コントラバス奏者 サエコ
石川怜奈 のだめの友人 岩佐真悠子
田中真紀子 のだめの友人 高瀬友規奈
フランツ・フォン・シュトレーゼマン 謎のドイツ人 竹中直人

 

あらすじ

「のだめ」こと野田恵は、桃ヶ丘音楽大学ピアノ科の3年生。

音楽を一度聴けば弾けてしまうという天才的な一面があるが、楽譜を読むことが大の苦手

本能の赴くまま、作曲者の意図を無視して暴走する演奏をしてしまうこともしばしば。

そんなのだめとは対照的に、エリートコースまっしぐらなのが、同じピアノ科の4年生・

千秋真一。

音楽一家に生まれ、ピアノ、ヴァイオリンの腕前は一流。

指揮者を目指し、密かに勉強を続けていたが、幼いころに体験した出来事が原因で飛行機恐怖症

になり、海外留学すらままならないという不遇の天才だった。

 

千秋は、自分より遥かに実力が劣ると思っている指揮科の早川有紀夫が、海外留学することを

知り、むしゃくしゃしていた。熱血指導で知られるエリート専門のピアノ教師・江藤耕造の叱責

逆ギレし、コンクールへの出場を取り消されてしまう。

それを知って千秋に声をかけてきたのは、声楽科の女王と呼ばれ、千秋の元恋人でもある

多賀谷彩子だった。

 

その夜、彩子と飲みに出かけた千秋は、泥酔してさんざん愚痴った挙句、卒業したら彩子の父

が経営する多賀谷楽器に入れてもらう、などと弱音を吐く。

すると彩子は、「負け犬は嫌い」と言い放ち、千秋を残して去っていってしまう。

 

あくる朝、千秋は、風に乗って聞こえてくるベートーヴェンのピアノ・ソナタで目を覚ます

が、そこは、食べ散らかしたカップ麺や脱いだままの服、ダンボール箱が散乱するゴミだらけの

マンションの一室だった。

そのゴミ部屋の真ん中で、グランドピアノに向かうジャージ姿ののだめを見た千秋は、

思わず部屋を飛び出した。

 

そこは、千秋の部屋の隣室だった。

 

部屋の前で酔いつぶれていた千秋を、のだめ自分の部屋で介抱したのだ。

二日酔いのまま大学に向かった千秋は、そこで再会したのだめ無視し、新たに千秋の担当教師

となった谷岡肇の元へと向かう。

しかし、そこにはまたもやのだめの姿が、、、。

 

学生たちの間で落ちこぼれ専門などと呼ばれている谷岡は、

のだめの担当教師でもあったのだ。

そこで谷岡は、千秋のだめに、モーツァルトの『2台のピアノのためのソナタ』ニ短調

やってみないか、と提案する。

 

同じころ、桃ヶ丘音楽大学では、各科のエリート学生で編成された『Aオケ』の定期演奏会を

開くことになっていた。

コンサートミストレスは、ウィーン国立音大への長期留学から帰国したばかりの三木清良だった。

 

そんな折、のだめは、怪しげな初老の外国人に声をかけられる、、、。

ミルヒー・ホルスタインと名乗るその男こそ、世界的な指揮者として知られるフランツ・

シュトレーゼマンだったのだ、、、。

 

mako
mako

千秋とのだめの運命的な出会い!

千秋は、良くも悪くも音大の変人?たちに出会い、懐かれ、順調に

道を踏み外しながらも、音楽の楽しさを思い出し、新しい音楽の世界と指揮者への道を一歩一歩あゆみ始める。

また、千秋の存在により、のだめも、より高い技術を得るための指導者や、環境に出会う機会を得て、それぞれが成長していく物語です。

ゆっきー
ゆっきー

のだめを見るようになってから、めっちゃクラシック聞いてたわ(笑)

mako
mako

ストーリーも音楽もキャストも最高!そして笑える!何回見てもいい!

玉木宏カッコ良すぎです!

そして、のだめがかわいいですね。ホントに才能がある天才!

そんな2人と仲間が、音楽によって一つになっていくところが素晴ら

しくって、心に響く感動があります。

ゆっきー
ゆっきー

オーケストラとか、クラシックの魅力があんまり馴染みがなくって、

よくわかんなかったけど、伝わってきて感動した!

特にベートーヴェン交響曲第7番の演奏シーンは号泣もんやで。

mako
mako

個性的すぎるキャラたちが面白いで。

竹中直人の謎のドイツ人は怪しすぎやね。

 

見どころだと思うところ

・クラシック音楽がテーマで、たくさんある音楽の中からの選曲も演奏もすばらしいので、

演奏シーンは見どころだと思います。

・主人公2人も周りのキャラ一人一人がホントに個性的で、面白いので見どころです。

・二人のラブコメディ要素もありなので、キュンキュンしちゃってください。

・マンガからそのまま出てきたような感じなので、マンガとの違いを楽しむのもいいですね。

 

主題曲

主題曲は、

ベートーヴェン「交響曲第7番」 です。

ベートーヴェンの作曲した7番目の交響曲で、ベートーヴェンが41歳のときの作品。

 

mako
mako

第一楽章~第四楽章まであり、曲名だけを聞いてもわかりにくい

ですが、ドラマの中でも演奏されていて、

わからなくても聞いてるだけでも、ホントに感動します。

ゆっきー
ゆっきー

クラシックってそんなに興味なかったけど、このドラマを見てから

聞くようになったわ。

mako
mako

のだめといえばこの曲!っていうくらい、

ドラマの魅力に引き込まれる曲だと思います。

 

エンディング曲は、

ガーシュウィン「ラプソディー・イン・ブルー」(服部隆之 編曲)

です。

 

mako
mako

のだめちゃんっぽいイメージの曲だと思います。

クラリネットの酔いしれる感じの音がのだめのイメージにぴったりだと思います。

ゆっきー
ゆっきー

それぞれの奏者の奏法のクセとかが、のだめのドラマのキャラの個性とマッチしていて合ってると思う。

⓹白い巨塔

大まかなあらすじ

mako
mako

山崎豊子の小説「白い巨塔」が原作。テレビドラマ化4度目の作品。

2003年10月~12月まで、フジテレビで放送されたドラマです。

その後、2004年1月から3月まで、第2部が放送されています。

今回は、第1部のドラマをご紹介したいと思います。

 

メインキャスト・登場人物

登場人物 役柄 キャスト名
財前五郎 主人公・第一外科助教授 唐沢寿明
里見脩二 第一内科助教授 江口洋介
東貞蔵 第一外科教授 石坂浩二
鵜飼良一 第一内科教授 伊武雅刀
柳原弘 第一外科医局員 伊藤英明
竹内雄太 第一内科医局員 佐々木蔵之介
財前杏子 財前五郎の妻 若村麻由美
東佐枝子 東教授の娘 矢田亜希子
東政子 東教授の妻 高畑順子
里見三知代 里見助教授の妻 水野真紀
花森ケイ子 クラブのママで、財前の愛人 黒木瞳
財前又一 財前の妻の父・マタニティクリニック院長 西田敏行

 

あらすじ

権力を欲し、教授へと成り上がろうとする外科医「財前五郎」と、医師として最善を尽くそう

とする内科医「里見脩二」の対立を描くドラマです。

 

財前は、大阪・浪速大学付属病院の外科助教授。

次期教授への野心を抱いており、その確かな手術の腕前は、柳原ら医局員あこがれの的

なっていた。

 

そんな中、財前は大阪府知事のがん切除に成功し、テレビを賑わせ、世間の注目を集めていた。

 

一方、内科助教授・里見は、医学部長の鵜飼が診た患者・みどり(河合美智子)への診断に

疑問を感じ、財前に相談した。

 

財前の診断でみどりのすい臓がんが見つかるが、、、。

 

mako
mako

野心家で強引なやり方を貫きつつも、命を救いたい気持ちは人一倍

強く、影では母や妻を思いやる財前が最高にかっこいい!

ときには対立するも、最後には親友として本音を話し合う財前と里見の関係もいいと思いました。

ゆっきー
ゆっきー

人間の欲望や情念、全てが凝縮された重厚な人間ドラマやね。

汚いやり方!と思うところもあるけど、財前が、助教授から教授になる過程での医局内の権力抗争や人間性の歪みとか、ドロドロした部分が

描かれていて面白かったわ。

mako
mako

人は、人の命を救いたいと思うから医者になる。

出世欲や派閥争いや嫉妬心といった社会の荒波に飲まれていくうちに

いつしかその本質を見失ってしまいがちだと思うのですが、その本質を見失わず、患者のことを第一に考えた里見の診断はすごいと思います。

 

見どころだと思うところ

・財前五郎の手術の腕前は、すばらしいです!

・助教授から次期教授になりたいが為に、財前が周りの人物を巻き込んで、

色々と試行錯誤を繰り返しているところがドロドロしていて見どころだと思います。

・里見助教授が、鵜飼教授の診断ミス患者を財前とともに手術へ導くところも

見どころです。

・財前の、クラブのママとの関係もいいですね。

・東教授の妻のセリフが早口言葉みたいで、ウザイ感じが

よく出ていて面白いと思います。

 

主題歌

主題歌は、

アメイジング・グレイス「ヘイリー・ウェステンラ」

です。

 

mako
mako

キレイな歌声のヘイリーさんの曲ですが、

ドラマの最後に流れると感動しました。

ゆっきー
ゆっきー

ドラマのドロドロした感じとは真逆のきれいな歌声の曲で、白い巨塔が目の前にそびえ立っていて、見上げているイメージだね。

少し悲しい感じもある曲やね。

 

 

挿入歌は、

タンホイザー序曲「ワーグナー」

です。

リヒャルト・ワーグナーという人が作曲した曲ですが、

正式名称は「タンホイザーとヴァルトブルグの歌合戦」

という名前で、全3幕で構成されている「オペラ」です。

 

mako
mako

財前がよく歌いながら手術のイメトレをしていた曲です。

少し暗いイメージだけど、手術をする前の財前にとっては落ち着いて

いていい曲だったんじゃないかと思います。

ゆっきー
ゆっきー

オペラなんて普段聞かないけど、この曲が流れるとドラマに引き込まれていくわ。

 

おすすめドラマ主題歌ランキング!

今回、ご紹介させていただいたドラマの主題歌・主題曲を、

まとめてランキング形式にしてみました!

「ドラマの主題歌」というよりかは、「主題曲(テーマソング)」が多くなってしまいましたが、

ウチの独断と偏見でランキングにしていますので、

よかったらご参考までに見てみてちょ。

 

第9位:タンホイザー序曲「ワーグナー」

「白い巨塔」の挿入歌で、

財前が手術のイメトレをする時に流れていた曲ですね。

落ち着いていて、いい曲なんですが、ウチ的には少し

暗い感じがしたので第9位にランクインしました。

 

第8位:アメイジング・グレイス「ヘイリー・ウェステンラ」

「白い巨塔」のエンディング曲です。

ドラマの内容とは真逆のきれいな歌声の曲なんですが、

ウチ的には、少し古い曲なのと悲しいような感じ

がしたので第8位にランクインしました。

 

第7位:「Can You Keep A Secret?」【宇多田ヒカル】

「HERO」のエンディング曲です。

恋愛の切なさが出ている曲で、とても引き込まれる

のですが、ウチ的にはドラマの内容とは少し違っていて

エンディングとしてはいい曲だと思ったので第7位に

ランクインしました。

 

第6位:ベートーヴェン「交響曲第7番」

「のだめカンタービレ」の主題曲です。

ドラマはすごく面白くて、演奏も感動したのですが、

ウチ的にはクラッシックはあまり聞かないので、

第6位にランクインしました。

 

第5位:「KISSして」(柴咲コウ)

「ガリレオ」のエンディング曲です。

柴咲コウさんの可愛らしさが前面に出ていて

元気で明るい曲なんですが、ウチ的には、

ガリレオの方が好きなので、第5位にランクインしました。

 

第4位:ガーシュウィン「ラプソディー・イン・ブルー」(服部隆之 編曲)

「のだめカンタービレ」のエンディング曲です。

のだめちゃんの、イメージにぴったりの曲で、

ちょっとおチャラけた感じがドラマの面白さとマッチ

していて、好きなので第4位にランクインしました。

 

第3位:「しるし」 (Mr.children)

「14歳の母」の主題歌です。

ミスチルの桜井さんの歌声と、曲の優しい感じが

マッチしていて感動しました。

何度聞いても泣ける曲なので、第3位にランクイン

しました。

 

第2位:オープニングテーマソング:「HERO~Main title~」

「HERO」のオープニングテーマ曲です。

ウチ的には、ゲームのオープニングのような、

これから始まる!っていう感じの曲で、

ワクワクする様なカッコよさがあって

好きなので、第2位にランクインしました。

 

第一位:オープニングテーマ:vs.知覚と快楽の螺旋~【福山雅治】

「ガリレオ」のオープニングテーマ曲です。

ウチ的には、推理モノの謎めいた感じがすごく出ていて、

聞いていて、「何が始まるんだろ?」って思うような

興味深い曲なので、第1位にランクインしました。

 

mako
mako

どの曲も、ドラマに合っていて、引き込まれていく感じがしていいと

思いましたが、中でも私の好きな順番に並べてみました。

 

おすすめドラマを無料で見る方法。

「HERO」「ガリレオ」「のだめカンタービレ」「白い巨塔」を見るなら「FODプレミアム」がおすすめ。

↑FODプレミアムはこちら↑

①ドラマ「HERO」「ガリレオ」「のだめカンタービレ」「白い巨塔」1話~最終話まですべてみることができます。

⓶今なら、初回1か月間無料で視聴することが出来ます。

 

【FODプレミアム】で、ドラマを無料で見る方法

①「FODプレミアム」の初回1か月間無料キャンペーンに登録。

②追加料金などは一切なく、FODプレミアム対象作品(HERO他)が視聴可能です。

③さらに、8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)がもらえるので、それを利用すれば有料の作品も無料で見ることができます。

④無料キャンペーン期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

FODプレミアムでドラマ「HERO」「ガリレオ」
「のだめカンタービレ」「白い巨塔」
を無料で見る方はこちら

 

最近のドラマでは

  • トレース~科捜研の男~
  • 絶対正義
  • 後妻業
  • JOKER×FACE
  • ポルノグラファー~インディゴの気分~
  • SUITS

などが見放題となっています。

mako
mako

初回1か月間無料キャンペーン中です。よかったら見てみてちょ。

 紹介している情報は2019年3月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

「FODプレミアム」のメリット・デメリット

メリット
  • 月額888円で、毎月最大1300円分のポイントが貰える。
  • フジテレビ番組が見放題!FODにしかない動画ばかり。
  • FODプレミアム会員なら、100誌以上の雑誌も読み放題!(FODマガジン)
  • FODなら一部の漫画も無料!電子書籍は20%ポイント還元!
  • FODプレミアムは同時視聴が可能!登録デバイス数は5台まで。

 

デメリット
  • FODプレミアム会員となっても、無料動画のアンケートやCMは消えない。
  • フジテレビ作品以外の動画数が非常に少ない。
  • FODでは動画ダウンロードに未対応。オフライン再生は不可能。

 

mako
mako

上記の点が、クリアできるならまずは、「FODプレミアム」でどんな作品があるのかチェックしてみましょう!

「14歳の母」を見るなら、「Hulu」がおすすめ。

↑Huluはこちらから

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

 

最近のドラマでは

  • 広告会社、男子寮のおかずくん
  • 家売るオンナの逆襲
  • ザンビ
  • 3年A組 -今から皆さんは、人質です-
  • イノセンス 冤罪弁護士
  • 人生が楽しくなる幸せの法則

などが見放題となっています。

mako
mako

2週間の無料トライアルキャンペーン中です。よかったら見てみてちょ。

 紹介している情報は2019年3月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

①ドラマ「14歳の母」1話~最終話まですべてみることができます。

⓶今なら、2週間無料トライアルキャンペーン中です。

 

「Hulu」で「14歳の母」を無料で見る方法

①Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録します。

②Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能です。

Huluのメリット・デメリット

メリット
  • 「月額933円(税抜き)」で全ての作品が見放題!
  • ここだけしか見れない作品も多数!
  • 見放題の数が充実!
  • 日テレ系の見逃し配信は最強!!
  • スマホ以外にも多くのデバイスで視聴ができる
  • マルチプロフィールで家族間でも視聴を分けられる
  • 退会方法が簡単
  • キャリア決済が選択可能

 

デメリット
  • 複数端末で見ることができない(同時視聴ができない)
  • オフラインでの視聴ができない!!(ダウンロード機能がない)
  • 映画の新作は期待できない(国内・海外ともに映画は弱め)

 

mako
mako

上記の点が、クリアできるならまずは、「Hulu」でどんな作品があるのかチェックしてみましょう!

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法です!

最近では、放送中のドラマの動画を検索すると、

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがありますが、

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトなので、以下のようなデメリットとリスクがあります。

 

デメリットとリスク

  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性

 

mako
mako

違法にアップロードされた動画の視聴は、やめた方がいいよね。

ゆっきー
ゆっきー

ウィルス感染とか怖いしね。

まとめ

20代におすすめの懐かしいドラマ 5選! いかがだったでしょうか?

漫画や小説が原作のモノは、読んだことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、

ドラマになったことで、また違う面白さがあるので、ぜひチェックしてみてちょ。

 

ウチは「ガリレオ」と「HERO」が好きで、何度見ても面白いと思います。

のだめカンタービレ」もマンガっぽいドラマ仕様になっていて、楽しめると思います。

 

今回は20代におすすめのドラマをご紹介しましたが、30代におすすめのドラマもまとめてみましたのでよかったら見てみてちょ。

30代におすすめの懐かしいドラマ5選!主題歌ランキングも独断でまとめてみたはこちら

 

他にもおすすめの学園恋愛ドラマや、木村拓哉主演のドラマ・スペシャルドラマのまとめも公開していますので、よかったら見てみて下さいね。

おすすめ学園恋愛ドラマランキングベスト10!あらすじや感想まとめはこちら

木村拓哉主演ドラマおすすめランキング10選!あらすじや感想まとめはこちら

スペシャルドラマ私的おすすめランキングミステリー編!あらすじや感想も紹介しますはこちら

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント