ドラマ3年A組最終回あらすじ・ネタバレ・感想レビュー!黒幕は誰?本当の真相とは!?

ドラマ

みなさん、こんにちは~。

kirakiraきっきーmakoでーす!

 

今回は、日本テレビ日曜10時半から放送の「3年A組ー今日から皆さんは人質ですー」の最終回のあらすじやネタバレ・感想を書いてみました。

 

いよいよ、最終回ですね。

この一連の事件の目的とはいったい何なのか?

一颯らが本当に伝えたかったこととはいったい何なのか?

前回の、気になる一颯の口パク部分がわかります!すべてが詰まった最終回、楽しみです!

 

では、ドラマ「3年A組ー今から皆さんは人質ですー」最終回(第10話)の、

  • 前回(第9話)のあらすじ
  • 今回(最終回)のあらすじ・ネタバレ
  • 感想

 

を、まとめてみましたので、よかったら見てみてちょ。

前回(第9話)のあらすじ

俺の目的は、3つある。

1つめ、武智大和に自分が犯した過ちを気づかせること。

彼女たちが味わった、苦痛を追体験させることで罪の重さを知ってほしかった。

そして、

2つめ、これが立てこもった最大の理由だ。

それは、、、。

 

一輝はナイフを取り出し、黒板に自分の左手を当て、思い切り振りかぶってナイフをついた。

ナイフは左手に刺さり、流血している。

ナイフを刺せば、血が出る、痛みも伴う、場合によっては命も奪える、当たり前のことだ。

てか、今の社会はこんな当たり前のことに気が付く暇もないぐらいにせわしく回り続けてる。

相手に何をしたら傷つくのか、何をされたら痛むのか、お前たちにはそれに気づかない感情がマヒした大人には、なってほしくなかった。と話した。

 

生徒らは、涙していた。

 

想像力を働かせて、自分の言葉や行動に責任を持つ。

決断をする前に、踏みとどまってこれが本当に正しいのかを問いただす。

そんな誰もがわかっているのに、出来ていない。

考えることの大切さをみんなには伝えたかった。

それが、俺の3つ目の目的だ。と話した。

 

自分の余命を告げられるまでは、俺もこんな事件を起こすことなんて考えたこともなかったよ。

でも、景山が気づかせてくれたんだな。

俺はまだ何もしてない。

教師を名乗りながらも、まだ、何も教えてないって。

みんなには、怖い思いをさせて、本当に申し訳なかったと思ってる。

でも、この10日間で、見違えるほど変わってくれた。

それが、なにより、なにより嬉しかった。

俺を教師にしてくれて、ありがとう。と話した。

 

生徒らは涙し、ありがとうございましたと言った。

 

一颯は、明日の昼にみんなを開放する。

俺の授業はこれで終わりだ。

今までお疲れさん。と言って、一颯は教室を出た。

 

一颯は、別室で捜査一課へ電話を入れた。

連絡が遅くなってすいません。では早速、郡司真人警部補を連れて、第一校舎の屋上に出ます。

そこで最後の要求をします。いよいよ、クライマックスです。盛り上がっていきましょう。と言った。

 

それを、茅野が見ていた。

茅野は、どうして人質を連れて屋上へ行くんですか?自分を悪者に見せるためですか?世の中に先生が今回の犯人だって思わせるためですか?と聞いたが、

一颯は、教室に戻れ、と言った。

茅野は、行かないでくださいと止めたが、一颯は振り払った。

茅野は、私は先生を信じていました。今でも信じてます。でももう限界です。

先生がこれ以上悪者にされるのは納得がいきません。

と、もう一度止めたが、一颯は振り払った。

 

先生に最後まで見届けるように言われて、今日まで先生の授業を受けてきて、揺らいでます。

ずっと蓋をしてきたものが、真実なのか偽りなのか、だから苦しいんです。

先生が自分を犠牲にして、すべてを抑え込もうとすればするほど、苦しいんです。

お願いします、もうやめて下さい。と言ったが、一颯は行ってしまった。

 

一颯は、郡司真人に銃を向けていた。

郡司は、何を企んでいる?と聞いた。

一颯は、特等席で見せてあげますよ。俺や五十嵐さんが、やろうとしていることを。

と言って、銃を向けたまま後ろへ下がり、郡司を誘導した。

 

そこへ、茅野がきた。

先生は、何のために誰のために戦ってるんですか?と聞いたが、一颯は、フフッと笑って「Let’s Think」と言った。

とその時、爆発が起こり、天井が落ちてきた。

教室の生徒らは動揺し、茅野は、先生が止められなかった、と逢沢に話した。

逢沢は、いいんだよ、それが先生の望みだから。と言った。

僕に協力を求めてきた時に、言ってたんだ。

「真相を明らかにするためには、俺が最終的に全国民の敵になる必要がある、そうでもしなければ俺の目的は果たせない。」

「そして、これは茅野のためでもあると。」

僕はその言葉を信じて、先生に協力したと。

 

捜査一課が学校に到着した。

屋上に、郡司警部補と、銃を持った一颯が見える。

 

一颯は、ケーサツのみなさーん、お待たせしましたー。と言って、銃を上にぶっ放す。

その銃を、郡司へと向ける。

 

その状況は、Liveニュースで流れている。

生徒らは、携帯でその様子を見ている。

茅野が教室へ戻ってきた。

心配していたクラスメイトに、みんなに話があるの。と

 

茅野は、わたしが玲奈を殺したの。と言った。

教室が凍り付いた。

茅野は涙を流していた。

 

その時屋上で、一颯が銃で撃たれた。

Liveニュースで、柊一颯が打たれました。と報道された。

生徒らは驚き、信じられない様子で慌てふためいていた。

何者かが銃を放ったと報道されていた。

 

最終回(第10話)のあらすじ・ネタバレ

世間の人々が注目する中、一颯は、郡司を人質に取り、マシンガンを突き付けて屋上へ来ていた。

一颯は、ケーサツのみなさーん、お待たせしましたー。と言って、銃を上にぶっ放す。

ネットは炎上。

 

武智大和は、自宅で傷心し切っていた。

文香は、自宅でその様子を見守る。

 

テレビの報道

現在、マインドボイスでは、1億5213万4200円の身代金が集まっています。

おそらく私は、全国民の敵となっていることでしょう。

保護者の皆さんも、生徒たちの解放を臨んでいると思います。

これから、最後の要求をします。

明日の朝8時に、SNSマインドボイスのライブ中継をつ、、、、。

と、話している途中で、一颯は打たれた。

 

その場へ倒れる一颯。

驚く郡司。

柊一颯が打たれました!と報道。

クラスのみんなは驚き動揺している。

ネットはさらに炎上。

捜査一課は突入を指示し、捜査員は校内へ突入。

突入途中に爆発が起きた。

 

どうなってるんだ?と捜査一課が驚いていると、一颯が立ち上がった。

残念でしたね、そう簡単に死ぬわけにはいかないんですよ。

柊一颯が立ち上がりました!と報道され、ネットは炎上。

 

一颯は、防弾チョッキを着ていたのだ。

あー、痛って!さてと、と一颯は郡司の足を蹴り、銃口を向けた。

改めて発表します。

明日の朝8時に、SNSマインドボイスのLIVE中継を使って、みなさんにすべての真相をお話します。と言った。

もし邪魔をしたら、この校舎をすべて爆破します。

真実がどこにあるのか、Let’s Think!と叫んだ。

ネットは炎上し続けていた。

 

教室では、クラスのみんなが、先生が無事でよかったと安心していた。

そして、さくらが言っていたことをもう一度聞かせてくれる?とさくらの話に注目していた。

さくらが玲奈を殺したってどういう意味なのか。

他の生徒が、ほら前にうちらが玲奈を無視して、さくらがその責任を感じてたでしょ。きっとそれを引きずって、と言いかけたが、

さくらは、そうじゃない。という。

ホントに私のせいで、玲奈が命を落としたと。

先生は今、私の為にあんなことしてる。だからみんなに聞いてもらいたいの。と言う。

さくらは涙を流していた。

 

一颯は、郡司を引き連れ、屋上の入り口でマインドボイスの無神経なコメントを見ていた。

完全に悪者扱いだな。という。

郡司は、それがお前の狙いだろ。

俺はたとえ自分の命が残り僅かだとしてもこんな事件は起こさない。

お前が狂ってるとは思っちゃいない、生徒を見てりゃわかる。

どうしてお前がこの事件を起こさなきゃいけなかったのか、もう話してもいいんじゃないか?と言った。

 

一颯は、あと7時間58分、ゆっくり語ってもお釣りがきますね。と話し始めた。

 

きっかけは、文香のフェイク動画でした。

 

文香はフェイク動画を流され、傷心していた。

犯人に心当たりはないが、ベルムズって知ってる?と聞いていた。

一颯は、相楽に、魁皇高校の武智大和という教師が、ベルムズに文香さんのフェイク動画を作らせたんだと思います。と話した。

一颯が色々と調べているうちに文香の症状はどんどん悪化していて、これ以上事を荒立てない方が賢明なのかもしれない。と相楽はいう。

どうしていいか分からない相楽に、一颯は、このまま武智を野放しにするって言うんですか?魁皇高校の面接を受けます!そこで武智大和の犯罪を暴きます。と力強く言った。

 

一颯は、魁皇高校の面接を受け、美術担当の先生となった。

教師みんなの前であいさつをすると、武智大和がどうも~と軽く現れた。

なにか困ったことがあったらいつでも相談に乗りますから、と武智と挨拶した後、一颯は苦しくなった。

 

一颯のすい臓がんが再発。

入院することとなった。

相楽に、今は武智大和のことは忘れて治療に専念しなさいと言われ、文香さんのことを聞いた。

完全に引きこもるようになったと相楽は話す。

 

その後、美術の授業中、逢沢が動画を見ていた。

一颯は、なんだそれ?と聞くと、逢沢は、影山がドーピングをやってたっていう動画です。でも彼女はやってません。誰かが細工(フェイク動画)したんです。と答えた。

 

一颯は、武智を盗聴し、影山のフェイク動画が武智の仕業だと突き止めた。

 

その後、影山が一颯に、どうして私の気持ちが分かったの?と訪ね、一颯は、俺の知り合いも君と同じ目に合ったんだ、君の力になれるかもしれない。と話した。

 

一颯は、医師からあと一年の命だと、余命宣告を受けた。

そんな、、、。と気を落としていると、魁皇高校から電話がかかってきた。

 

景山が自殺した。

一颯は、俺の教え子なんです。と警備員を押しのけようとしたが、止められてしまった。

なんで?なんで影山が、、、。先に死ぬのは俺だろ。

俺は、犯人が武智だって分かってたのに、景山を救えなかった、と自分を責めた。

相楽は、負の感情に流されちゃいけない!これを明日の活力に変えるんだ!と励まされ、事件の決行を決意した。

 

相楽に、本当にやるのか?と聞かれ、俺はもう長くはありません。最後に、教師としての本会を遂げたいと、話した。

相楽は、五十嵐を部屋に呼んだ。

一颯に、文香の実の父親で、今回の計画を成功させるために協力を仰いだと説明した。

五十嵐に、これからやろうとしていることは復讐なのか?と聞かれ、いえ、文香や影山のような犠牲者を出さないようにするための救済だと思っています。と話した。

五十嵐は、いいだろう、話を聞こう。と、3人で計画を立て始めた。

 

そして、そのことを逢沢に話した。

お前には、生徒のお目付け役として、みんなの動向を見守ってもらいたいという。

真相を明らかにするためには、俺が、最終的には全国民の敵になる必要がある。と話した。

 

そして、そうでもしなければ、俺の目的は果たせない。と話す。

そしてこれは、ある生徒の為でもあるという。

 

さくらは、玲奈が自殺した日、会ってたのは私なの。と話し始めた。

ある日、さくらは話があると玲奈を呼び出した。

どうしてもここで謝りたくて、とビルの屋上へ行った。

玲奈はもういいよ。という。

さくらは、よくない。私はかばうどころか、皆と一緒になって玲奈を、、、。

手紙をもらって、最初は玲奈と私じゃつり合わないんだって思ったけど、でも、そういうことじゃないんだって、、、。

プロレスの話だって、楽しそうに聞いてくれたし、あれはきっと玲奈が私に出してくれた、、、と話している途中に、さくらの携帯電話が鳴った。

最悪だ、、、。ごめん。と言ってさくらが携帯を見た瞬間、玲奈の顔色が変わった。

 

やめて、なんでそんなこと言うの?なんで私を責めるの?と幻覚を見ている様だった。

わかってる、さくらは味方だって。でもダメなの。皆が敵に見えて、そんな風に思う自分が嫌で、たまらなく嫌で、だからもう、、、無理なんだ、、、。

と言って、柵を乗り越え飛び降りようとした。

その手をさくらが掴んだ。

玲奈は、放して!苦しいの、、、。もう、限界なの。このままだと壊れちゃうよ。だから、お願い、、、。楽にさせて、、、。

さくらは、首を横に振っていたが、玲奈とつないだ手が離れてしまった。

 

さくらは、私はこの手を離した。と言った。

だから玲奈は、と言いかけたところで、逢沢がそれは違う!自分を責めんなよ。と否定した。

さくらは、先生もそう言ってくれた。という。

 

ある日、さくらは一颯にお話ししたいことがあります。と言っていた。

私は、玲奈が自殺したあの現場にいたんです。

そこで飛び降りた玲奈の手を掴んで、でも、離しました。

これで、玲奈が楽になるならって、その手を離したんです。と打ち明けた。

私が玲奈を殺したんです。と

だが、一颯は、景山が亡くなったのは、お前のせいじゃない。景山を死に追い詰めたのは別の理由だ!

たとえお前があの場で助けていたとしても、彼女は同じ末路をたどっていたかもしれない。

俺を信じて、この10日間を過ごすんだ。

お前自身で答えを探せ。

この事件を最後まで見届けるんだ。と言った。

 

さくらは、今先生がやろうとしていることは、玲奈が飛び降りた原因を解き明かすことで、手を離した私の気持ちとは別のこと。

先生はそれで私の気持ちが晴れると思っているかもしれないけど、私の罪は消えない。と皆に話した。

 

郡司は、お前の目的は分かった。でもなぜ生徒のためにそこまでする必要がある。と聞いた。

一颯は、教師だからですよ。と答えた。

 

朝になった。

 

武智は、自宅を出て歩いていたが、すれ違う人たちみんなが敵に見えて、幻覚を見ている様だった。

 

一颯は、郡司の手錠を外し、あなたなら俺の最後を見届けてくれると思って、と携帯を差し出したが、郡司に腹部パンチされ、その場に倒れた。

郡司は、舐めた真似しやがって、事が済んだらこれをお前の手にハメてやっからよ。と言った。

一颯は、痛そうに笑っていた。

 

教師たちは、もうすぐ8時です。どうなっちゃうんですかね。と動向を伺っていた。

とその時、一颯が屋上に現れた。

 

先生が現れた、とメディアは報道し、生徒たちは、これが終わったらどうするつもりだろ。警察に自首するつもりだろ。と先生を心配していた。

さくらは、死んじゃうかもしれない。と席を立ち、すべてが終わったら屋上から飛び降りるって言ってた夢を見たという。

他の生徒が、なんでわざわざ屋上に出るんだろう。真相を語るだけなら教室でもいいはず。

すべてを話した後、飛び降りる為?という結論に達し、みんなは屋上へ向かった。

 

五十嵐は宮城に、何か知っていることがあるなら話してくださいよ。と取り調べを受けていた。

宮城、郡司の背中ちゃんと追いかけろよ。

郡司とあいつの目が似てたから、俺は話に乗ったんだ。

お前もいい目してるよ。と言ったところで、郡司から宮城に電話がかかってきた。

 

宮城は、郡司の無事を確認した。

郡司は宮城に頼みたいことがあるといい、相楽文香を高校へ連れてきてほしいという。

柊が何をしようとしているのか、ちゃんと見せてやりたいという。

宮城は、ボランティアやってる暇なんかないんで、と電話を切った。

 

その頃、校内で爆発が起き、生徒らは道をふさがれていた。

みんなで、がれきを運び道を開けようとしていた。

すると、がれきの向こうに郡司が現れた。

柊のところへ行きたいんだろ、俺も手伝うよ。と、がれきを運び始めた。

 

すると一颯から校内放送が流れた。

SNSマインドボイスの皆さん、柊一颯です。

昨日説明した通り、このライブ中継を使って、俺がなぜ立てこもったのか、すべてを打ち明けます。

マインドボイスでは、一颯への無神経なコメントで溢れていた。

叩く準備か、いいだろう。じゃあプレイボールと言うことで、この動画をどうぞ。

と動画を投稿した。

それは、一颯が流したフェイク動画で、動画の最後に、一颯がお礼をいい、相楽、女子高生と一緒にがおつかれー、と撮影終了している場面が写っていた。

一颯は、この動画は俺が作ったフェイク動画だ、影山玲奈の自殺とは何の関係もない。と話す。

どういうこと?すべてが作りものだったってこと?とマインドボイスで混乱している様子を見て一颯は笑った。

混乱してるねぇー、なのにけなすことは忘れない、これだよこれ!!

これが俺が立てこもった最大の理由だよ!という。

 

前回(第9話)の口パク部分。

それは、、、。

SNSによる暴力を、世に知らしめること。

フェイク動画を使って、状況を二転三転させることで、いかに自分たちが、不確かな情報におどらされているかを自覚させる。

 

一颯は続けた。

1日目、お前たちは俺を生徒殺しの殺人犯としてネットで叩いた。

2日目、3日目、4日目と次々に増えていく犠牲者の情報に、お前たちは俺を凶悪犯としてネットで盛り上がった。

5日目、俺が誰も殺していないことや、教師が標的だったことを知ると、今度は俺をヒーローとしてネットで叩いた。

6日目、武智の犯行を匂わせたら、ネットで武智に疑いを向けた。

7日目、フェイク動画に写った人物を武智と断定してネットで追い詰めた。

8日目、証拠もないのにネットで武智を徹底的に糾弾した。

9日目、俺が真犯人だと分かるや否や、矛先を俺に変えて、ネットで叩きまくった。

そして、今日10日目、すべてが嘘だと知った。

お前たちは、この10日間でどれだけ自分の意見を変えた?

信憑性のない情報を頼りに、どれだけ心無い言葉をネットで浴びせた?

俺はそんなお前らの、愚かな行動をあぶりだす為に、この事件を引き起こしたんだよ!

 

マインドボイスでは、うちら関係ねーし。と叩かれていた。

一颯は、関係ねーじゃねーんだよ。

これを娯楽としか思ってないあんたに言ってんだよ。

おい、そこの周りに流されて、意見を合わせることしかできないお前に言ってんだよ!!

 

生徒らはがれきを運びながら聞いていた。

 

一颯は、お前ら影山の何を知ってんだよ、何にも知らねーだろ。

会ったことねーだろ、話したこともねーだろ。

大して知りもしないのになんであんなに叩けるんだよ。

 

ウザイ、キモイ、死ね。

よくもまあ、そんなゲスなワードがポンポン出てくるもんだわ、恥ずかしい。

マインドボイスのコメントを見て一颯は、

それだよそれ!!そのお前の自覚のない悪意が、影山玲奈を殺したんだよ!

 

(第9話の口パク部分)

影山玲奈を殺した本当の犯人は、SNSマインドボイスだ。

景山はフェイク動画を流された後に、マインドボイスで受けた誹謗中傷の数々に耐えかねて、命を絶ったんだ。

 

一颯は続けた。

お前らネットの、何千何万という悪にまみれたナイフで、何度も何度も刺されて、影山玲奈の心が殺されたんだよ!

一颯は泣きながら訴えた。

 

その頃、武智が体育館の隅で、俺はやってない、俺じゃないんだ!と幻覚に脅されていた。

他の先生が心配して集まってきた。

市村校長が、武智の肩を掴み、武智大和!私やここにいる先生はみんな、あなたの味方だ。

あなたがやるべきことは、ただ一つ。

償うことです。と言った。

柊先生の言葉に耳を傾け、一緒に考えましょうと話した。

 

そのころ、宮城は相楽文香を高校へ連れてきていた。

上司にだけカッコつけさせる訳にはいかないんで、と言っていた。

 

文香や武智、他の先生方、警察が見守る中、一颯は続けた。

フェイク動画が、景山を苦しめたことに違いはない。

けど、あれは言わば一時災害に過ぎなかった。

 

(第9話の口パク部分)

武智が作らせたフェイク動画は、確かに悪質だ。

でも、それがすぐに間違いだったと理解してもらえれば、景山の心が病むこともなかった。

 

一颯は続けた。

あのフェイク動画を鵜呑みにしたお前たちが、誹謗中傷を浴びせた二次災害こそが、景山を死に追いやった原因なんだよ。

景山はネットの罵詈雑言によって、幻覚や幻聴を感じるようになった。

 

景山は生前、家族も友達もこんなに心配してくれているのに、みんなが私の悪口を言っているように思えて、、、。

辛いよ、、、助けて先生。

と泣きながら一颯に訴えていた。

 

一颯は続けた。

彼女の気持ちがわかるか?お前らが浴びせた言葉の暴力が、彼女の心を壊したんだぞ。

 

景山は、さくらと話している時も幻覚を見ていた。

さくらが携帯を触っているとき、自分の悪口を言われている幻聴に襲われていた。

 

お前たちが、影山の命を奪ったんだ。

 

マインドボイスでは、自由に言えるのがネットの良さでしょ。

ネットの意見を真に受けた影山が悪い。

傷つくならネットなんか見なきゃいいのよ。などと意見が飛び交っていた。

 

一颯は、

お前も!お前も、お前も、今までさんざん正義感を振りかざしてきたくせに、分が悪くなった途端に、子供のように責任転換を始める。

自分を正当化するのに必死だなぁ。

つまんねー生き方してんじゃねーぞ!

見苦しいんだよ!ふざけてんのはお前らの方だ!

お前ら一度だって真剣になったことあんのか?逃げてんじゃねーぞ!

自分の親や、友達に面と向かって言えない言葉を見ず知らずの他人に、ぶつけんなよ。

お前のストレス発散で他人の心をえぐるなよ、わかるだろう俺の言いたいこと。

お前らそこまでばかじゃねーだろ。気づいてくれ、、、。

 

生徒らは先生が怒ってると言ったが、郡司は、いやこれは怒りじゃない、祈りだ。という。

 

いいか、マインドボイスは、誰もが気軽に繋がれる便利なツールだ。

気の合う友達を見つけていつでもどこでもコミュニケーションが取れる。

人によっては心のよりどころになるだろう、それも大切さ否定はしない。

けど、その一方で、恐ろしい暴力装置にもなりえる。

だから、刻んでほしいんだよ。右に習って吐いた何気ない一言が、相手を深く傷つけるかもしれない。

独りよがりに偏った正義感が、束になることでいとも簡単に人の命を奪えるかもしれないってことを。

そこにいる君に、これを見ているあなたに、一人一人の胸に刻んでほしいんだよ。

他人に同調するより、他人をけなすより、まずは自分を律して、磨いて作っていくことが大切なんじゃないのか、てか、そっちの方が楽しいだろ。

その目も、口も手も誰かを傷つけるためにあるわけじゃない。

誰かと喜びを分かち合うために、誰かと幸せを噛みしめるためにあるんじゃないのか。

そうだろ!

もっと人に優しくなろうぜ。

もっと自分を大事にしようぜ。

一颯は、泣きながら訴えた。

 

その頃、がれきが運ばれ、向こうへと道が繋がった。

郡司は、早くつかまれ!とさくらを引っ張り上げていた。

 

俺の言葉が、どれだけ届いているのか。

きっとほとんどの人間には、痛くもかゆくもないだろう。

でも、誰か一人でいい、君一人でいい。

感情に任せた言葉が、影山玲奈のような犠牲者を作るかもしれない。

そう思って踏みとどまってくれたら俺が今ここに立っている意味がある。

そしていつかきっと、その一人が十人になって、百人になって、千人になっていく。

俺はそう信じてる!

だからどうか、、、だからどうか、、、あなたに届いてほしい!

聞いてくれてありがとう。

Let’s、Think。

 

さくらは屋上へ上がってきた。

一颯は泣いていたが、涙を拭いた。

 

この瞬間をもって、俺の授業は完結する。

配信は終了した。

 

さくらは、先生を心配していた。

一颯は屋上の端に立って、そのまま飛び降りようとした。

さくらは、一颯の手を掴んだ。

一颯は、茅野、その手を放せ、という。

さくらは、離しませんという。

一颯は、頼む。俺を楽にさせてくれ、と言った。

 

さくらは、影山の手を掴んだ時のことを思い出した。

さくらは、手を離したのではなく、ダメ絶対ダメと言って、両手で手を掴んで、ずっとそばに居るから、一緒にいるから、だから生きて、、と言っていた。

それでも、一人の力では耐え切れず、影山は、、、。

 

さくらは一颯に、お願いだから生きて下さい!と言って泣いていた。

一人の力では耐え切れず、手が離れそうになった時、クラスのみんなが合流し、先生を引き上げた。

 

一颯はメガネを拾い、茅野に声をかけた。

お前に聞く。

お前は本当に、影山の手を離したのか。

楽になると思って、その手を離したのか。

 

さくらは、泣きながら首を横に振り、違います。と言う。

私は玲奈に生きてほしかった。

だからその手を放したくなくて、必死につかんで、、、と言った。

 

一颯は、さくらの手を握って、

な、そうだよ。お前は離さなかったんだよ。

この小さな手で、最後まで精一杯景山を救おうとしたんだよ。

だからもう、自分を責めるな、いいな。と言った。

 

さくらは、はい。と返事をした。

一颯は、さくらを抱きしめて、よくがんばった。と言った。

さくらは泣いた。

 

一颯は、これでホントに俺の授業は終わりだ。といった。

生徒の一人が、もしかしてさくらの心を救うために?

メガネを外したら、信じるな。

死ぬつもりじゃなかったってことか。と言った。

一颯は、あぁ、死ぬのは怖いなぁ、と言った。

 

文香は、一颯が助かって、ホッとしていた。

そこへ、武智大和が声をかけた。

私は、あなたと影山に、とんでもないことをした。

謝って済む問題じゃないことはわかっています。

でも、ここから始めさせてください。

本当に、申し訳ありませんでした。と深く頭を下げた。

 

文香は、顔を上げて下さい。もう、大丈夫ですから。私は強く生きます。と言った。

 

一颯と生徒たちが話していると、郡司が屋上へ上がってきた。

柊一颯、器物損壊、その他もろもろの現行犯で逮捕する。といい、一颯に手錠をかけた。

生徒たちは泣きながらその様子を見ていた。

郡司は、どっちが正義かわかんねーな。と言った。

 

文香は、一颯にありがとう、とお礼を言った。

一颯は、俺は自分の為にやっただけだよ。と言う。

 

一颯が、警察に連れて行かれる途中、先生!と生徒たちが屋上から降りてきた。

一颯は振り返り、みんないい顔してるな。卒業おめでとう!と言った。

 

時は巡り、3年後の一颯の3回忌。

帰り際、生徒らは、

ブッキーすごいよね。結局あれから病気と闘って、1年も生きたんだから。

あぁ、最後の最後までしぶとかったなぁ。

やっぱり先生はヒーローだったんだよ。そうかもね。

あ、そういえば、身代金ってどうなったの?

全額ユーザーに返金されたって聞いたよ。

などと、話をしていた。

 

さくらは、もう少し教室にいると言って残っていた。

 

さくらは、教室で一人、先生の遺影に向かって話していた。

先生、あの事件で、世の中が大きく変わったなんてことは、全然なくて。

まるで何もなかったように、みんなせわしなく生きてて、、、。

でも、これだけはどうしても言いたくて、、、。

あの10日間は、私にとって青春でした。

 

先生から色んなことを教わって、学んで、考えるようになって、

だから、私やクラスのみんなに届いたように、誰かに伝わってほしい。

そう願ってます。

先生の想いが、誰かに、誰かに、誰かに。

マインドボイス、3年A組 完。

感想

mako
mako

一颯先生の涙ながらの訴えに、めっちゃ感動しました。

黒幕は、一颯でもなく、武智でもなく、SNSのマインドボイスからの発言だったんですね。

今やSNSでのコミュニケーションが当たり前となった今、心無い一言が人の心を傷つけること、あると思います。

コメントをする人が実感を持っていないということが一番の原因で、そういう人にこそ、このドラマを見てほしいと思います。

ゆっきー
ゆっきー

ドラマを見ていて、自分も生徒の一人になったような感覚で引き込まれて見ていました。

一颯の想いが、たくさんの人に伝わって変わってくれることを祈ります。

mako
mako

一颯の言いたかったこと、したかったこと。

ドラマを見ていて、めっちゃ伝わってきました。

私も一颯はヒーローだと思いました。

ゆっきー
ゆっきー

マインドボイスは、気軽なコミュニケーションツールだけど、その一方で凶悪な暴力装置にもなりえる。

今回の事件をきっかけに一人一人の胸に刻んでほしい。という一颯の訴えを聞いて、人の言葉は時としてナイフにもなりえると言うことを再認識しました。

自分には関係ないのではなく、自分自身が気を付けることで、周りに広がって皆に伝わる。そう思いました。

「3年A組ー今から皆さんは人質ですー最終回(第10話)」の見逃し配信動画を無料で見る方法は?

ドラマ「3年A組ー今から皆さんは人質ですー」最終回(第10話)の見逃し配信動画を無料で見る方法をご紹介します。

ゆっきー
ゆっきー

リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫なの?

 

動画配信サービスが色々あるけど、「3年A組ー今から皆さんは人質です」の最終回はどこで見れるの?

 

無料で安全に見る方法はあるの?

mako
mako

ではでは、その辺のところ、詳しく見ていきましょう。

放送終了から1週間以内の場合

ドラマ「3年A組ー今から皆さんは人質です」最終回(第10話)の見逃し動画配信状況

TVer(ティーバー)
日テレTADA
GYAO!
TBS FREE ×
テレ朝キャッチアップ ×
ネットもテレ東 ×
MBS動画イズム ×
ytv MyDo! ×
「Tver」と「日テレTADA」と「GYAO!」で配信されています。

一週間は、無料で見ることが出来ます。

ゆっきー
ゆっきー

いつからいつまで配信されてるの?

mako
mako

「3年A組ー今から皆さんは人質ですー」最終回の放送終了後から、1週間限定配信となるので、
2019年3月10日(日)放送終了後〜2019年3月17日(日)22時29分までは、無料で見れるよ。

1週間以上経過している場合

ドラマ「3年A組ー今から皆さんは人質ですー」第9話の見逃し動画配信状況。

FODプレミアム ×
U-NEXT ×
Hulu
ビデオマーケット ×
dTV ×
auビデオパス ×

放送終了後から、一週間以上経過してしまっている場合は、「Hulu」で見逃し配信動画をみることが出来ます。

1話~最新話まで、すべて配信されています。

日テレの見逃し配信は「Hulu」がおすすめ

↑詳細はこちら

日本テレビの見逃し配信を見るなら、「Hulu」がおすすめです。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

 

最近のドラマでは

  • 広告会社、男子寮のおかずくん
  • ザンビ
  • 節約ロック
  • 3年A組 -今から皆さんは、人質です-
  • イノセンス 冤罪弁護士
  • 人生が楽しくなる幸せの法則

などが見放題となっています。

mako
mako

2週間の無料トライアルキャンペーン中です。よかったら見てみてちょ。

 紹介している情報は2019年2月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

『3年A組ー今から皆さんは人質ですー最終回』見逃し動画を無料で見る方法

①Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録します。

②Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能です。

Huluのメリット・デメリット

メリット
  • 「月額933円(税抜き)」で全ての作品が見放題!
  • ここだけしか見れない作品も多数!
  • 見放題の数が充実!
  • 日テレ系の見逃し配信は最強!!
  • スマホ以外にも多くのデバイスで視聴ができる
  • マルチプロフィールで家族間でも視聴を分けられる
  • 退会方法が簡単
  • キャリア決済が選択可能

 

デメリット
  • 複数端末で見ることができない(同時視聴ができない)
  • オフラインでの視聴ができない!!(ダウンロード機能がない)
  • 映画の新作は期待できない(国内・海外ともに映画は弱め)

 

mako
mako

上記の点が、クリアできるならまずは、「Hulu」でどんな作品があるのかチェックしてみましょう!

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法です!

最近では、放送中のドラマの動画を検索すると、

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがありますが、

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトなので、以下のようなデメリットとリスクがあります。

 

デメリットとリスク

  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性

 

mako
mako

違法にアップロードされた動画の視聴は、やめた方がいいよね。

ゆっきー
ゆっきー

ウィルス感染とか怖いしね。

まとめ

ドラマ「3年A組ー今から皆さんは人質ですー」第10話(最終回)いかがだったでしょうか?

一颯先生の、涙ながらの訴えは、めっちゃ感動しました。

本当にその通りだと思いました。

でも、普通に話をしても伝わらない。だから事件を起こした。

自分を凶悪犯にしてまで、伝えたかったこと。

しっかりと胸に刻みたいと思います。

何度見ても感動します。

 

今回のドラマの、見逃し動画配信を無料で見る方法も追記しましたので、よかったら見てみてちょ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

他、ドラマ「3年A組ー今から皆さんは人質ですー」の関連記事↓

ドラマ3年A組第9話ネタバレ・感想レビュー!黒幕は誰?はこちら

 

 

 

コメント