木村拓哉主演ドラマおすすめランキング10選!あらすじや感想まとめ

おすすめ

みなさん、こんにちは~。

kirakiraきっきーmakoでーす!

 

ドラマに出てくる俳優さんにも色んな方がいらっしゃると思いますが、

今回は、かっこいい木村拓哉さんの主演ドラマを、厳選して10選!

ランキング形式でご紹介したいと思います。

 

木村 拓哉さんといえば、日本のマルチタレントであり、

ジャニーズ事務所所属の、男性アイドルグループSMAPのメンバー。

東京都出身で、奥さんは歌手の工藤静香。2児の父。

木村拓哉さんも、もう46歳なんですね。

たくさんのドラマや映画にも出演されていて、

めちゃめちゃかっこいいですよね。

 

ということで、今回は、木村拓哉さん主演!おすすめドラマの

  • 簡単なあらすじ
  • 登場人物・キャスト
  • 見どころや感想

をまとめてみましたので、よかったら見てみてちょ。

 

mako
mako

キムタクといえば、

ウチ的には、SMAPのメンバーで、一番カッコいい存在で、

ジャニーズの中で一番好きな憧れのタレントさんです。

ゆっきー
ゆっきー

SMAP解散しちゃったけど、俳優さんとして、たくさんの有名な

ドラマや映画にも出演されていてすごいやんね。

 

木村拓哉主演!おすすめドラマランキングベスト10!

第10位:月の恋人〜Moon Lovers〜

簡単なあらすじ

国内で急成長中のインテリアメーカー「レゴリス」社長・葉月蓮介中国進出を企てていた。

 

蓮介が乗りこんだのは活気あふれる都市、上海。

 

そこで蓮介を待っていたのは仕事を共にしてきたインテリアデザイナー・二宮真絵美

資産家令嬢で人気モデル・大貫柚月、そして中国人女性・リュウ シュウメイとの出会い。

この3人の女性との出会いを機に、蓮介の人生に転機が訪れる。

 

全く異なる世界に住んでいるはずだった3人の男女が、様々な形で関わりあっていく姿を

それぞれの視点から描いていくラブストーリーです。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
葉月 蓮介 主人公 木村 拓哉
二宮 真絵美 ヒロイン・インテリアデザイナー 篠原 涼子
リュウ シュウメイ(劉 秀美) 中国人女性・「レゴリス」のイメージキャラクター リン・リーチン
蔡 風見 「レゴリス」社員・蓮介の側近 松田 翔太
大貫 柚月 人気カリスマSサイズモデル 北川 景子
大貫 照源 柚月の父・インテリア業界トップ「マストポール」社長 長塚 京三
雉畑 藤吾 「レゴリス」役員・蓮介の部下 渡辺 いっけい
前原 継男 真絵美のアシスタント 濱田 岳
安斎 リナ 真絵美のアシスタント 満島 ひかり
嶺岡 康之 「レゴリス」社員 川平 慈衛
小泉 桂一 「レゴリス」商品部部長 水上 剣星
笠原 由紀 「レゴリス」社員・営業企画部 中村 ゆり
滝沢 光 「レゴリス」社員 松尾 諭
ミン シュウメイの親友の中国人・オカマ 阿部 力
エルカ 柚月の友人・モデル仲間 西山 茉希
丸山 鉄二 謎の男 竹中 直人
時田 良三 中華料理店「田鶏」店主 温水 洋一
mako
mako

シュウメイのカタコトの日本語が、かわいいわぁ。

ゆっきー
ゆっきー

キムタクが、会社の社長役なんやね。社長との恋愛♡ステキやわぁ。

見どころや感想

mako
mako

主人公の蓮介は、生き方が不器用で愛とか恋とか言うよりも、

社長として会社をどうにか大きくしようと奮闘しているんだけど、

人との付き合い方が上手くいかなくて、もどかしい感じがしました。

ゆっきー
ゆっきー

真絵美はすごくサバサバしていて、蓮介が好きなんだけど、なかなか

言い出せなくって、、、。

でも、すぐそばで彼を見ている距離感がすごくいいわぁ。

大切な人ってすぐそばにいるんだよね。

mako
mako
シュウメイは、母国にも家族にもすごく愛情があって、働いていた
工場の仲間とも仲良くしていたのに、工場から追われて、、、。
仕事がなくなって、すごく落ち込んでいるところに、蓮介が現れて、、
「仕事も家族も俺が何とかする」「君がほしい」なんて
言われたら、惚れちゃうよね。
ゆっきー
ゆっきー

モデルの柚月も蓮介が好きで、かわいいからそれだけでモテちゃうん

だろうけど、蓮介はそうじゃなくって、、

見ていて可哀そうになるくらい、片思いしてるわぁ。

mako
mako

真絵美のアシスタントの前原と安斎が、めっちゃ面白くて、

いい仕事してるわぁ。

行きつけの中華料理店も美味しそうで、いいわぁ。

 

第9位:CHANGE

簡単なあらすじ

小学校の教師だった一人の青年・朝倉啓太が、不慮の事故で衆議院議員だった父を亡くし

父の後継者として補欠選挙に出馬当選し、総裁選を経て内閣総理大臣となり、政界で奮闘する

姿を描く政治家ドラマです。

 

キャッチコピーは「日本を変えるのは、あなたかもしれない。」

夢と希望にあふれたエンターテインメント。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
朝倉 啓太 主人公 木村 拓哉
美山 理香 元財務省キャリア官僚・啓太の秘書 深津 絵里
神林 正一 衆議院議員・日本政友党総務会長 寺尾 聰
宮本 ひかる 後援会ウグイス嬢・秘書官手伝い 加藤 ローサ
月丘 瑠美子 総理官邸常駐医師 堀内 敬子
近藤 光輝 神林の秘書 風間 杜夫
百坂 哲也 総理大臣事務秘書官・総務省出向 西村 雅彦
郡司 敏夫 総理大臣事務秘書官・経済産業省出向 平泉 成
西 誠二 総理大臣事務秘書官・外務省出向 矢島 健一
秋山 太郎勘助 総理大臣事務秘書官・警察庁出向 鈴木 浩介
檀原 段 内閣総理大臣付SP 大倉 孝二
小野田 朝雄 衆議院議員・日本政友党幹事長 中村 敦夫
二瓶 栄 衆議院議員・政友党最大派閥「二瓶派」の領袖 神山 繁
垣内 達彦 衆議院議員・鵜飼内閣外務大臣 大林 丈史
生方 恒男 衆議院議員・元証券会社社員 石黒 賢
朝倉 貴江 啓太の母 富司 純子
韮沢 勝利 200戦中199勝1敗の敏腕選挙プランナー 阿部 寛
mako
mako

キムタクが総理大臣?って思いましたが、ステキな総理大臣になりそうですね。

ゆっきー
ゆっきー

キムタクは何を演じてもカッコいいわぁ。深津絵里とのコンビも

面白かったわ。

 

見どころや感想

mako
mako

これだけ政治が混沌としているのに、政治のドラマって少ないよね。

巻込まれたようにみえて実は巻込み型だった主人公の魅力全開。

徐々に周りを魅了して支持者にしてしまう朝倉啓太を、キムタクが自然に演じてて、かっこよかったです。

ゆっきー
ゆっきー

定食屋の夫婦とか、市井の人々の反応が時々挟んであって、啓太の

政治家としてのカリスマ性がよく出てるなぁって思いました。

mako
mako

朝倉啓太は、自分の疑惑じゃないけど、ちゃんと認めて謝罪していて、こんなことはあっていいと子供たちに教えられないって、シーンは感動しました。

ゆっきー
ゆっきー

朝倉啓太が総理大臣になって、周りの反応は若くてカッコいいと、

はやし立てるけど、総理はそんなつもりは全くなくて、日本社会の

色んな問題があるけど、国民の方々の身近な問題から取り組んでいて、

こんな政治家がいたらいいのにと思いました。

mako
mako

朝倉啓太が、自分のやりたい政治をやるために、徐々に味方を増やしていくところに感動しました。

ゆっきー
ゆっきー

美山秘書官や、韮沢さんなど、総理の周りには心強い味方がいて、

キャラも濃くてコメディ要素もあって面白かったぁ。

 

第8位:A LIFE~愛しき人~

簡単なあらすじ

かつて、病院を追われた一人の男がいた。

 

親友の思惑によって居場所を奪われ、単身アメリカに渡った。

10年の時を経て、その男は卓越した腕を持つ職人外科医として戻ってくる。

恩師を病から救うために。

 

その恩師の娘はかつての恋人だった。

しかも、彼女は病院の後継者として、幼馴染でもある親友と結婚していた。

 

男は、恩師を救うことで新たなる様々な人生の試練を迎えることになる。

そこに、幼馴染との因縁が絡んでいるとは知らずに、、。

 

愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く中、 ただ職人外科医として、決して諦めることなく、

不器用ながら一途に患者と向き合う 彼の生き様は、病院で働く人々に問いかけていく。

 

「本当の医療とは何なのか」、、

「愛しき人」のたったひとつの命、

かけがえのない人生を巡って繰り広げられる ヒューマンラブストーリーです。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
沖田 一光 主人公 木村 拓哉
壇上 深冬 沖田のかつての恋人 竹内 結子
井川 颯太 心臓血管外科医 松山 ケンイチ
柴田 由紀 一流オペナース 木村 文乃
榊原 実梨 病院の顧問弁護士 菜々緒
羽村 圭吾 第一外科部長・心臓血管外科医 及川 光博
壇上 壮大 副院長兼脳外科医 浅野 忠信
壇上 虎之助 院長・深冬の父 柄本 明
真田 隆之 事務長 小林 隆
赤木 麗子 第一外科医師 ちすん
黒谷 亮 第一外科医師 安井 順平
白川 哲雄 第一外科医師 竹井 亮介
三条 千花 オペ室看護師 咲坂 実杏
茶沢 達彦 小児外科医師 谷口 翔太
青山 小児外科医師 一ノ光 明
萩原 小児外科部長 貴山 侑哉
沖田 一心 一光の父・寿司屋 田中 泯
壇上 莉菜 深冬と壮大の娘・虎之助の孫・5歳 竹野谷 咲
mako
mako

キムタクといえば、恋愛もののイメージだったので、外科医を演じる

ということで、意外な感じがしました。

ゆっきー
ゆっきー

こんなカッコいい先生なら見てもらいたいわぁ。

 

見どころや感想

mako
mako

大好きな場面はたくさんありますが、

沖田先生の実家の嘉月寿司の場面で、沖田先生の部屋の様子から

沖田先生の生い立ちがわかったし、

さりげなく用意された朝食に父親の愛情を感じたり、不器用な父子の

会話だったり。

カッコイイ医師の姿だけでは無く、医師も普通の人間としての生活が

あるんだ、というところまで描かれていて大変惹き込まれるドラマ

でした。

ゆっきー
ゆっきー

さわやかに登場して、爽やかなオペで、何の問題もないような始まり

ですが、生きたいと願う患者のためのオペであり、オペの技術も

素晴らしい。

何より失敗しても絶対諦めない、強さ!すごいと思いました。

mako
mako

沖田先生の、オペに入る前の準備がすごいと思いました。

他の先生方は、リスクがあるオペはしないのに、沖田先生は、リスクを回避する方法を何度も何度も模索して、自信が持てるまで繰り返す。

すばらしいと思いました。

私も、諦めずに取り組む姿勢は見習いたいって思いました。

ゆっきー
ゆっきー

沖田先生は、ホントに患者のことを考えて、完治する方法を試行錯誤

しながら、考えて思いつくのですが、病院側がそれをすると訴えられると恐れていて、医者の意志と病院側の立場のドロドロした部分も

描かれていて、考えさせられました。

 

第7位:ギフト

簡単なあらすじ

代議士・岸和田は、横領した51億円と共に失踪したところから始まる。

 

横領の共謀者である奈緒美は、岸和田の部屋に残されたクローゼットの中から、血まみれの

意識を失った青年を発見する。

 

3年後、「早坂由紀夫」と名付けられた彼は、奈緒美の元で様々な「ギフト」の配達を

請け負う「届け屋」として働いていた。

 

記憶喪失の早坂由紀夫。

 

異様に足が速く、「届ける」ということに異様な執念を持つが、それは記憶を失う前と

関係があるのか?

「届け屋」という仕事をしていく中で、由紀夫は、さまざまな人と出会い、記憶を取り戻して

いく…。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
早坂 由紀夫 主人公 木村 拓哉
腰越 奈緒美 人材派遣会社社長・岸和田の愛人 室井 滋
ジュリエット星川 占い師・奈緒美の友人 小林 聡美
秋山 千明 由紀夫に付きまとう女性 篠原 涼子
野長瀬 定幸 奈緒美の部下 今井 雅之
朔原 令子 岸和田を追っている女性刑事 倍賞 美津子
筑波 新次 朔原の部下・刑事 梶原 善
田村 アキラ 犯罪マニア・由紀夫の情報屋 忌野 清志郎
古橋 典子 奈緒美の部下 春日井静奈
古橋 典子 星川の助手 島村 千草
mako
mako

主要なキャスト以外にも、ゲスト出演が多くて、1話~最終話まで、

それぞれの回にゲストとして色んな俳優さんや女優さんが出演

されてます。

ゆっきー
ゆっきー

室井滋さんとのタッグが、親子みたいで面白いわぁ。

 

見どころや感想

mako
mako

キムタクが演じる記憶喪失の青年の葛藤を描くサスペンス。

かっこよくて危ない感じなのに、キャラはみんな面白おかしくて、

木村拓哉がなんといってもかっこいい!

 

一番若くてカッコいい時のドラマですね。

この頃はカッコつけようとしてなくて、カッコよくなきゃいけない

ような役でもなくて、ズタボロで記憶喪失で、皮肉屋で生意気で、

愛想も無ければやる気もなくて、、、。

でも誰かに何かを届ける事だけには何故か一生懸命な。

スーツにチャリンコ姿で届けるキムタクがステキだと思いました。

ゆっきー
ゆっきー

キムタク演じる早坂由紀夫だけでなく、登場人物全員のキャラが

それぞれ個性的で面白いです。

昔の自分を思い出した時と、その後の由紀夫が最高にカッコよくて

見どころです。

mako
mako

第一話から、全裸のキムタクがクローゼットから出てくるという

インパクト大のシーンがあるのですが、サスペンスっぽくて、

見どころです。

ゆっきー
ゆっきー

第一話から、面白くてハマるわぁ。

主題歌もカッコいいし、登場人物全員ハードボイルド系で、

ハードボイルド好きには、めっちゃいいわぁ。

篠原涼子も若くてカワイくて、キムタクに言い寄ってるところが

また可愛いと思いました。

mako
mako

お届け物を届ける途中で、色んな事件に巻き込まれたりするのですが、サラッと届ける予定の相手を助けたりするところが、カッコよくて

見どころです。

ゆっきー
ゆっきー

色んな事件に巻き込まれるところが、刑事ドラマのような要素もあり、他の登場人物のキャラが、めっちゃ個性的で、コメディのような要素もあり、笑いあり、涙ありの面白いサスペンスドラマだと思います。

 

第6位:エンジン

簡単なあらすじ

神崎次郎(木村拓哉)は世界的にも有名なレーシングドライバー。

フォーミュラカーを運転し、チーム側からも絶大な信頼を得ていたが、外国人のチームメイト

とのトラブルで契約を切られ、年齢的な問題もあり、やむなく日本へ帰国。

 

次郎はとりあえず次の居場所を見つけるため、以前家出をした実家へ一時居候。

 

しかし本人の知らぬ間には、実家を利用して児童養護施設を経営していた。

 

そこには家庭環境不良・虐待などで家族と暮らせず心に傷を負った子供たちと、その子供たちの

世話をしている理想主義の保育士・朋美現実的な指導員・鳥居らが待っていた。

 

子供の大嫌いな、大きな子供・次郎と、身寄りを失った子供たちとのふれあいが始まる。

そして、次郎は再びサーキットに戻っていくことができるのか…?

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
神崎 次郎 主人公 木村 拓哉
水越 朋美 新米保育士・ともみ先生 小雪
神崎 猛 園長先生・次郎の義父 原田 芳雄
鳥居 元一郎 指導員・げんにぃ 堺 雅人
神崎 ちひろ 事務長・次郎の義姉・ちいねぇ 松下 由樹
牛久保 瑛子 栄養士 高島 礼子
春山 万里夫 風見聖ロサリナ教会の神父 角野 卓蔵
星野 美冴 入所児童・高校3年生 上野 樹里
樋田 春海 入所児童・高校2年生 戸田 恵梨香
塩谷 大輔 入所児童・高校1年生 石田 法嗣
園部 徹 入所児童・中学2年生 有岡 大貴
田口 奈央 入所児童・中学2年生 大平 奈津美
二宮 ユキエ 入所児童・中学1年生 夏帆
草間 周平 入所児童・小学5年生 中島 裕翔
平山 盛男 入所児童・小学4年生 小杉 茂一郎
刀根 明 入所児童・小学3年生 広田 亮平
園部 葵 入所児童・小学1年生・園部徹の妹 佐藤 未来
金村 俊太 入所児童・幼稚園年長 小室 優太
小森 七恵 入所児童・2歳 岡 真由
一之瀬 新作 チーム「イチノセ」の監督 泉谷 しげる
末永 たまき チーム「イチノセ」のマネージャー 岡本 綾
菅原 比呂人 チーム「イチノセ」ファーストドライバー 青木 伸輔
伊吹 テツヤ 次郎の後輩 石垣 佑磨
mako
mako

懐かしいですね。

小雪さんとか、まだ倍返ししてない堺雅人さんとか、顔ぽっちゃりな

戸田恵梨香さん、初々しい上野樹里さんが観れます!

ゆっきー
ゆっきー

園長先生のキャラが、厳しくて怖いイメージなのに、めっちゃ心優しい人で、いいわぁ。

 

見どころや感想

mako
mako

ホームの子供達が、次第にキムタクに心を開いて行くってのが、

心温まる感じが好きやわぁ。ラストのレースも素敵でした。

ゆっきー
ゆっきー

今や活躍されている俳優さんがたくさんでていましたが、Hey! Say!

JUMPの有岡君、中島君、が子役で出ていて、

めっちゃ可愛いかったぁ~!

mako
mako

心に傷を負ったホームの子供たちが、冷たい感じで色々と問題行動を

起こしたりするのですが、その度にキムタク演じる次郎が、そんな

つもりはないのに、上手く収まってしまう。

え?なんで?って感じですが、見どころです。

ゆっきー
ゆっきー

次郎が、30代なのにめっちゃ子供っぽい性格で、ホームの子供たち

から見たら、面白いお兄ちゃん的存在で、逆に、次郎が子供たちに

からかわれたりしているところが、面白くて見どころです。

mako
mako

ホームの子供たちの成長とともに、次郎のレーサー復帰を目指す

涙あり、笑いありのドラマです。

 

第5位:華麗なる一族

簡単なあらすじ

山崎豊子の小説「華麗なる一族」が原作の、万俵財閥(一族)の物語です。

 

万俵財閥の主力企業(父の大介がオーナーを務める)「阪神特殊製鋼」の専務である、

万俵鉄平が主人公。

 

万俵鉄平は、東京大学工学部冶金学科卒業後、マサチューセッツ工科大学へ留学した技術者

である。

 

元通産大臣で有力代議士の大川一郎の長女・早苗結婚した。

高須相子による閨閥結婚ではあったが、早苗との間に長男・太郎を儲けるなど円満な関係を

築いていた。

 

鉄平は、自社の将来を考え、巨額の予算が必要となる高炉の建設を計画する。

しかし、高炉の突貫工事は死傷者を出す爆発事故を発生させてしまい、会社は倒産してしまう。

 

不幸な経緯のため、父・大介鉄平を、先代・敬介と妻・寧子の間にできた不義の子

思い込んでおり、容姿や才覚などが祖父・敬介に非常に似ている鉄平を快く思っておらず、

鉄平自身も自身の出生の秘密は知らないものの、大介に愛されていないと感じていた。

 

また、志乃が生前に残した手紙から祖父・敬介父親であること、芙佐子自分の妹であること

を知った鉄平は、、、。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
万俵 鉄平 主人公 木村 拓哉
万俵 大介 鉄平の父・阪神銀行頭取・阪神特殊製鋼の非常勤取締役 北大路 欣也
万俵 早苗 鉄平の妻・大川一郎の娘 長谷川 京子
万俵 太郎 鉄平と早苗の長男・大介と玲子の孫 荒木 崇秀
万俵 銀平 鉄平の弟・大介の次男・阪神銀行本店営業部貸付課長 山本 耕史
万俵(安田) 万樹子 銀平の妻・大阪重工社長の令嬢 山田 優
美馬 一子 鉄平の妹・大介の長女・中の妻 吹石 一恵
美馬 中 一子の夫・大蔵省主計局次長 仲村 トオル
美馬 宏 一子と中の長男 澁谷 武尊
万俵 二子 鉄平の妹・大介の次女 相武 紗季
高須 相子 大介の執事・愛人 鈴木 京香
万俵 敬介 大介の父・鉄平、銀平、一子、二子の祖父
大川 一郎 早苗の父・元通産大臣の衆議院議員 西田 敏行
一之瀬 四々彦 阪神特殊製鋼社員・一ノ瀬工場長の一人息子 成宮 寛貴
一之瀬 阪神特殊製鋼常務兼工場長・四々彦の父 平泉 成
銭高 博 阪神特殊製鋼常務 西村 雅彦
鶴田 芙佐子 料亭「つる乃家」志乃の養女・鉄平の元恋人 稲森 いずみ
鶴田 志乃 料亭「つる乃家」老女将 多岐川 裕美
大亀 阪神銀行専務 武田 鉄矢
芥川 阪神銀行常務 小林 隆
三雲 祥一 大同銀行頭取 柳葉 敏郎
綿貫 千太郎 大同銀行専務 笑福亭鶴瓶
和島 新一 帝国製鉄尼崎製鉄所所長 八島 健一
永田 現大蔵大臣 津川 雅彦
mako
mako

万俵財閥の少し重たい感じのドラマやね。

ゆっきー
ゆっきー

キムタクが今までのキャラとはまた違う感じの役だけど、若くても

しっかりした専務役で、カッコいいです。

 

見どころや感想

mako
mako

万俵鉄平が、自分の夢を実現させるために、厳しくて落ち込んだり

したけど、決して諦めずに行動している姿に、感動しました。

ゆっきー
ゆっきー

お父さん(万俵大介)の愛人が、お父さんの為かもしれないけど、

ちょろちょろと、家族のことに口出ししてきて、キャラ的に

キツイ言い方で、うっとうしいわぁ。

mako
mako

鉄平の務める阪神特殊製鋼の社員の人たちが、すごく専務想いで、

温かくて、一致団結していて、いいわぁ。

ゆっきー
ゆっきー

激しい企業合併の時代、時代の背景もあって、理想と信念をもつ人間

だけが勝ち残る、そう信じて、、、。

父と息子の対決は見どころです。

mako
mako

鉄平の家族への愛、阪神特殊製鋼への熱い思い、自分を犠牲にしてでも守ろうとする姿勢に感動しました。

ゆっきー
ゆっきー

親子の愛、家族の愛、本当の愛について、深くて熱い物語だと

思いました。

 

第4位:GOOD LUCK

簡単なあらすじ

全日空ANAを舞台に、若手の旅客機パイロット・深海元を中心に、恋愛と仕事に生きる人たち

を描く青春ドラマ。

 

主人公の新海元は、幼いころからパイロットになることをずっと夢見ていた。

そして、キャプテン(機長)になるために、国際線旅客機の副操縦士をしている。

 

ある日、は日頃からお世話になっている先輩パイロットの水島公作と一緒に、ホノルルへ

フライトすることが決まった。

水島さんとのフライトは順調に進んでいったが、ホノルルへの着陸直前に、水島さんの体調が

急変した、、、。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
新海 元 主人公 木村 拓哉
緒川 歩実 ヒロイン・航空整備士 柴咲 コウ
香田 一樹 元の上司 堤 真一
富樫 のり子 キャビンアテンダント 黒木 瞳
太田 健三郎 チーフパーサー 段田 安則
深浦 うらら 元に言い寄ってくるキャビンアテンダント 内山 理名
内藤 ジェーン 機長 竹中 直人
安住 龍二郎 副操縦士 安住 紳一郎
武藤 乗客室長 清水 紘治
新海 良治 元の父・船宿の店主 いかりや長介
新海 誠 元の弟 中尾 明慶
緒川 香織 歩実の姉・看護師 市川 実和子
mako
mako

このドラマも、各回にゲスト出演の、俳優・女優さんが出演されて

います。

ゆっきー
ゆっきー

キムタクと柴咲コウの関係が、サバサバしていて、言いたいことが何でも言える関係で、いいなぁって思いました。

 

見どころや感想

mako
mako

キムタクが演じるパイロットが かっこよかったわ。

運航監査官を演じた 堤真一も しぶかったです。

つんつん柴咲コウもかわいいですし、飛行機好きなら、より楽しめる

ドラマだと思います。

ゆっきー
ゆっきー

何度見ても初見の感動を味わえるし、また頑張ろうって思います。

キスシーンも最高で、帽子を被せる名シーンが好き!

mako
mako

堤真一演じる香田キャプテンも素敵ですが、第一話の水島キャプテンが渋くてステキです!

内藤ジェーン(竹中直人)は面白キャラでめっちゃ好きです。

他にも、キムタクの親父役いかりや長介さんもいい味出てるわぁ。

地味にいる要潤くんもステキでした。

ゆっきー
ゆっきー

第一話から感動したわぁ。

キムタク演じる新人パイロットが、文句を言う乗客に対して、誠実な

態度で説得しているシーンは見どころです。

 

第3位:ビューティフルライフ

簡単なあらすじ

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも

健気に生きる図書館司書の女性との恋愛を描いたラブストーリーです。

 

「カットモデルやってくんねーかな?」

カリスマ一歩手前の美容師・柊二と、車椅子に乗った爆発パーマ頭の図書館司書・杏子

出逢った。

2人は、車椅子上の目線100cmの世界を共有しはじめる。

「俺があんたのバリアフリーになってやるよ」

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
沖島 柊二 主人公 木村 拓哉
町田 杏子 ヒロイン・車椅子の図書館司書 常盤 貴子
田村 佐千絵 杏子の同僚・親友 水野 美紀
美山 耕三 ボランティアスタッフ・杏子が好き 的場 浩司
岡部 巧 柊二の後輩・アシスタント 池内 博之
小沢 真弓 柊二の同僚・元恋人 原 千晶
川村 悟 柊二と同期の人気美容師 西川 貴教
町田 正夫 杏子の兄 渡部 篤郎
町田 雄一 杏子の父 河原崎 健三
町田 久仁子 杏子の母 大森 暁美
さつき 柊二の予備校時代の同級生・かつての想い人 小雪
mako
mako

常盤京子のキャラが前向きで可愛いわぁ。

ゆっきー
ゆっきー

杏子ちゃんは、家族にめっちゃ愛されてるんやね。

 

見どころや感想

mako
mako

トップスタイリストとして忙しく仕事をしながらも、杏子のことを想う柊二と、車イスだからと言って、素直じゃなくて、気の強い杏子の複雑に絡みあう人間模様とか、なかなかうまくいかなくて歯がゆかったり、観ていて一喜一憂しちゃいます。

デートするシーンや2人きりのシーンはキュンとしますし、

癒やされます。

 

ゆっきー
ゆっきー

最初は、あまり入り込めなかったけど、見ているうちにどんどん

引き込まれました。

mako
mako

杏子は、普通の人なら出来るデートが自分には出来なくて、でも、

修二にめんどくさいって思われたくなくて、修二が他の女の人といる

ところを見るだけで、嫌な気持ちになって、、。

心は普通の女の子なんだって思いました。

ゆっきー
ゆっきー

障害を負ってる人にしか分からない気持ちもある、と思いました。

単なる恋愛ドラマではなく、障害や病気を患ってる人たちの気持ちにも気づかせてくれるドラマだと思います。

mako
mako

修二の部屋の合いかぎをもらって、素直に喜んでる杏子が、めっちゃ

かわいいわぁ。

純粋な恋心を思い出しました。

ゆっきー
ゆっきー

「どんな人生でも、人は幸せになる力を持ってる」って言葉に

感動しました。

 

第2位:プライド

簡単なあらすじ

「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケーに情熱を燃やす青年の奮闘をメインに、

それに絡むOLとの恋愛模様、また、選手との人間関係をリアルに描いた「スポ根」

(スポーツ根性モノ)ラブストーリーです。

 

さわやかな笑いと涙ありのドラマで、アイスホッケーを通して描く、恋とスポーツの

青春エンターテイメントです。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
里中 ハル 主人公 木村 拓哉
村瀬 亜樹 ヒロイン 竹内 裕子
堀田 大和 チームスコーピオンズのメンバー(ゴールキーパー) 坂口 憲二
島村 真琴 チームスコーピオンズのメンバー 佐藤 隆太
池上 友則 チームスコーピオンズのメンバー(ハルの親友) 市川 染五郎
相澤 百合 亜樹の同僚 中超 典子
石川 知佳 亜樹の同僚 MEGUMI
安西 健吾 チームの元コーチ 時任三郎
兵頭 雄一郎 チームの新コーチ 佐藤 浩市
園田 冴子 スコーピオンズのマネージャー 滝沢 沙織
安西 容子 健吾の妻(未亡人) 石田 ゆり子
夏川 啓介 亜樹の婚約者 谷原 章介
mako
mako

竹内結子の古き良き時代の女、ハマリ役やと思うわ。

ゆっきー
ゆっきー

やっぱり主人公のキムタクが、スポーツしてるところは、

カッコいいわぁ!

 

見どころや感想

mako
mako

ゲームから始まった恋だったけど徐々に真剣になっていく2人。

途中からアキの心情が変わって、信じられないところもあったけど、

とってもワクワクさせられるドラマでした

ゆっきー
ゆっきー

アイスマンかっこいい!!

泣けるシーンもあって、よかったわ。

主題歌のQUEENも、ドラマのシーンと合っていて、最高やわぁ。

mako
mako

純粋でしっかり者のアキがカワイイわぁ。

ドライブしようで製氷機に乗るのは本当に名シーンで、見どころです。

ゆっきー
ゆっきー

悔しい時、悲しい時、辛い時、考え事がある時、壁にぶつかった時、

失恋した時、弱ってる時、歯がゆい時、

全てにおいて、全部取っ払って強さに変えてくれる。

そんなドラマです。

 

mako
mako

「私は、いつまでも自分のことを好きでいたいの。強くて、偉くて、

かわいい女でいたいの。

寂しさなんかに負けない、目を逸らさない。それが私のプライドなの」

名セリフやわぁ。感動しました。

 

第1位:HERO

簡単なあらすじ

型破りで正義感の強い検察官と、一見生真面目だがどこかとぼけたところのある検察事務官

コンビの捜査活動を、同僚検事たちの巻き起こすコメディを交えて描かれた裁判ドラマです。

 

東京地方検察庁城西支部を舞台に、正義感が強くて、ラフな格好の久利生公平が、

色んな事件を、超個性的なキャラクターと共に解決に導く、エンターテインメント。

 

登場人物・キャスト

登場人物 役柄 キャスト名
久利生 公平 主人公 木村 拓哉
雨宮 舞子 ヒロイン(久利生の事務官) 松 たか子
遠藤 賢司 検察事務官 八島 智人
末次 隆之 検察事務官 小日向 文世
中村 美鈴 検事 大塚 寧々
芝山 貢 刑事部主任検事 阿部 寛
江上 達夫 エリート検事 勝村 政信
牛丸 豊 刑事部部長兼検事 角野 卓蔵
鍋島 利光 東京地検の次席検事 児玉 清
「St.George’s Tavern」マスター 「St.George’s Tavern」のバーテンダー 田中 要次
mako
mako

見た目は検事っぽくないけど、ちゃんと仕事をする久利生公平が

めちゃめちゃいいわぁ。

ゆっきー
ゆっきー

松たか子とのコンビも最高やね。

「あるよ!」のマスターも好き!

 

見どころや感想

mako
mako

事件に小さいも大きいもない。

徹底的に調べ上げ、正しい判断をしようとする久利生の姿勢に、私も、凛としなければいけないなって思いました。

ゆっきー
ゆっきー

正義とは何か。

人間を裁けるのはまた人間であって、一人では空回りしたり、

うまくいかないことでも、仲間との絆があるから目的を達成できる。

そういった信念があるドラマで、一つの目的に向かって、一丸となって協力し合うところがいいと思いました。

mako
mako

自分の気持ちに正直で疑問に思ったことは、納得が行くまで突き詰めて調べる久利生スタイルで、色々な事件を真実へ導くところとかは、

見どころです。

ゆっきー
ゆっきー

ラフなスタイルで、適当に遊んでるような感じがする久利生検事

ですが、徹底的に調べて真実を見抜くところはすごい!と思います。

仕事仲間で担当事務官の雨宮のことを、よく見てるし、思いやりが

あって、いい関係だなぁって思いました。

 

おすすめドラマを無料で見る方法

「CHANGE」「エンジン」「プライド」「HERO」を見るなら「FODプレミアム」がおすすめです。

↑FODプレミアムはこちら↑

①ドラマ「CHANGE」「エンジン」「プライド」「HERO」1話~最終話まですべてみることができます。

⓶今なら、初回1か月間無料で視聴することが出来ます。

期間限定「木村拓哉祭り」(映画最新作公開記念)開催中です。

↑期間中なら、何度でも視聴できます。

 

【FODプレミアム】で、ドラマを無料で見る方法

①「FODプレミアム」の初回1か月間無料キャンペーンに登録。

②追加料金などは一切なく、FODプレミアム対象作品(CHANGE他)が視聴可能です。

③さらに、8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)がもらえるので、それを利用すれば有料の作品も無料で見ることができます。

④無料キャンペーン期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

FODプレミアムでドラマ
「CHANGE」「エンジン」「プライド」「HERO」
を無料で見る方はこちら

 

最近のドラマでは

  • トレース~科捜研の男~
  • 絶対正義
  • 後妻業
  • JOKER×FACE
  • ポルノグラファー~インディゴの気分~
  • SUITS

などが見放題となっています。

mako
mako

初回1か月間無料キャンペーン中です。よかったら見てみてちょ。

 紹介している情報は2019年3月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

「FODプレミアム」のメリット・デメリット

メリット
  • 月額888円で、毎月最大1300円分のポイントが貰える。
  • フジテレビ番組が見放題!FODにしかない動画ばかり。
  • FODプレミアム会員なら、100誌以上の雑誌も読み放題!(FODマガジン)
  • FODなら一部の漫画も無料!電子書籍は20%ポイント還元!
  • FODプレミアムは同時視聴が可能!登録デバイス数は5台まで。

 

デメリット
  • FODプレミアム会員となっても、無料動画のアンケートやCMは消えない。
  • フジテレビ作品以外の動画数が非常に少ない。
  • FODでは動画ダウンロードに未対応。オフライン再生は不可能。

 

mako
mako

上記の点が、クリアできるならまずは、「FODプレミアム」でどんな作品があるのかチェックしてみましょう!

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法です!

最近では、放送中のドラマの動画を検索すると、

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがありますが、

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトなので、以下のようなデメリットとリスクがあります。

 

デメリットとリスク

  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性

 

mako
mako

違法にアップロードされた動画の視聴は、やめた方がいいよね。

ゆっきー
ゆっきー

ウィルス感染とか怖いしね。

まとめ

木村拓哉主演ドラマおすすめランキング10選!いかがだったでしょうか?

サスペンスや、医療ドラマ、恋愛ドラマや政治のドラマまで、様々なドラマに出演されている

んですね。

 

どのドラマも、人間の信頼関係や、愛情、仕事に対する情熱や生きる信念、意味など、

考えさせられる内容のドラマが多く、キムタクのドラマの面白さがよくわかりました。

 

ランキングの順位は、ウチの独断で面白い・感動したドラマの順位にしてみました。

 

キムタクが好きな方、そうでない方も濃い内容のドラマばかりだと思いますので、

よかったら見てみてちょ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

他、ドラマのおすすめ関連記事↓

20代におすすめの懐かしいドラマ5選!主題歌ランキングも独断でまとめてみたはこちら

30代におすすめの懐かしいドラマ5選!主題歌ランキングも独断でまとめてみたはこちら

おすすめ学園恋愛ドラマランキングベスト10!あらすじや感想まとめはこちら

スペシャルドラマ私的おすすめランキングミステリー編!あらすじや感想も紹介しますはこちら

 

 

コメント